人(子ども、社員)を育てる思考力

テストで0点を取った自分でも、1,300冊の本から考える力が貰えた

足を引っ張る自分、引っ張られる自分

ひとの上に行くには二通りある

 

 徐々に学校や会社が

 以前のように再会されてきています。

 

 この休みの間に

 何をしてきたか?

 それがこれから明るみに出ることになりますね。

 

 会社の方は

 以前のように

 みんなで会社に集まり

 そこで仕事をする。

 という形になり始めると

 いままでの快適さが

 うそのように

 不満を感じるひとが出てくるでしょう。

 

 しかし、

 現在の上層部は

 みんなで仕事をすることで

 いままでも生き抜いたきたので

 それが最善だと思ってしまう。

 

 何でも同じですが、

 最善はひとによって違う

 その結果もひとによって違う!

 

 

f:id:E-SHAO:20191024082650p:plain

 自分の行動がその後を決める

 

 学生のころは

 テストの成績で生徒は評価される。

 それは

 勉強だけではなく

 部活でも同じこと。

 

 なので

 他の人と比べて評価する

 ことができない部活は

 その評価が難しい。

 たぶん、

 見る目と考える力がないひとには

 その良さも

 部活にがんばっている生徒を

 評価することもできない!

 

 では、

 勉強はどうでしょう?

 

 もちろん自ら勉強をして

 成績を上げることで

 評価は上がります。

 それと同じ効果があるのが

 自分以外のひとの

 勉強を邪魔をする。

 もしくは

 勉強をしたいという気持ちを

 萎えさせる話をしたりして

 勉強をさせない!

 

 どちらにしても

 まわりのひとの成績が落ちれば

 自分の成績は自ずと上がる!

 

 いかがですか?

 学生時代、テスト前にも

 テストの話や将来の話をしない

 集団にいれば

 成績が上がる要素はありませんよね。

 

 こんな感じで

 自分が他のひとの前に出るには

 自分のスキルを上げるか、

 自分以外のスキルを落とす。

 どちらかできれば

 必ず前に行けます。

 

 あなたならどちらを選びますか?

f:id:E-SHAO:20191022220922p:plain

 もしも

 あなたが他のひとから

 足を引っ張られる言説があったら

 どうすればいいでしょう?

 

 まずは

 相手の言葉に対して

 即答するのではなく、

 一考して答える。

 (考えている振りでもいい)

 

 常に考えて答えるひとに

 罠を仕掛けるのは

 面倒なので

 すぐにいなくなるでしょう。

 

 相手も足を引っ張ることに

 あまり時間を掛ける訳にはいかない。

 

 詐欺師でも

 空き巣でも

 時間がかかる相手に対して

 こだわることはしません!

 

 それと同じです。

 

 自分の向かう方向を自ら見据えて

 それに向かって

 進んでいるひとに対して

 茶々を入れるのは

 面倒なこと。

 

 だから

 前を向いて進んでいるひとには

 それを手助けするひとが

 気づき手を差し伸べる。

 

 そんな自分になりませんか?

 

 最後まで

 読んでいただき有難うございます。

 

 これからよろしくお願いします。