人(子ども、社員)を育てる思考力

テストで0点を取った自分でも、1,300冊の本から考える力が貰えた

幸せって何だっけ、何だっけ~!

幸せは手に入れられるか?

 

 ここ数年、

 幸せについて語られることが増えて来ました。

 

 理由は

 幸せの形が決まってなく、

 明確な答えが無いからだと思います。

 

 

 わたしの年代は

 すでにバブル景気を体験していない世代です。

 それでも

 その様子をテレビで見ていました。

 

 もしその頃に

 ネットがあって

 SNSがあれば

 どれだけ盛られた写真が上がったことでしょう!

 

 しかしそれは

 未来の収入を前倒しにして

 いまを謳歌したいただけ!

 

 その頃の幸せの形は

 とても分りやすい。

 三高い男性を捕まえて

 結婚して

 子育てをするのが

 当時の女性の幸せだと

 考えられていた。

 

 男性は

 仕事をして

 家では奥さんがいて

 仕事の後には

 少し遊んで

 家に帰る。

 

 その頃から

 お金を使うことが幸せの形になり、

 働く意味が以前と変わった。

 

 それが変質したことで

 幸せとは?

 なんてことを考えるひとが増えたように思えます。

f:id:E-SHAO:20191103195831p:plain

 情報が多いほど人は迷う

 

 単純な生活をしていれば

 幸せなんて単純なこと。

 

 お腹が空いては幸せになれない!

 

 生きることは食べること。

 なんて言葉もあります。

 

 まずは食べることができるだけ

 有り難いことはありません。

 

 そこには

 食べることすら難しい。

 という体験があると

 より強く感じますね。

 

 それが満たされると

 他のことに気持ちがいく。

 

 あれが欲しい、

 これが欲しいと

 自分の過去(食べられなかった過去)

 ではなくて、

 自分以外のひとと比べることによって

 自分は幸せではない

 自分で勘違いをする!

 

 

 おかしな話だと思いませんか?

 幸せになるには?

 ということを考えずに

 幸せではない

 という思いで行動する。

 

 本当はすでに

 幸せな状態になっているかも

 知れないのに、

 それを精査せずに

 幸せを探し続ける・・・。

f:id:E-SHAO:20190915212017p:plain

 自分の中や

 頭上に存在しているモノは

 見る事ができない。

 

 そして

 見えるモノで自身の幸せを計ってしまう。

 

 お腹が満たされれば

 幸せを感じていたことを

 わたし達は忘れてしまう。

 

 そして

 お腹が満たされるのは

 見ることが出来ない幸福感。

 

 まるで

 自分探しの時代が通り過ぎて

 幸せ探しが訪れたように感じます。

 

 どちらも

 探しても見つかることがないのに

 多くのひとが探し続ける。

 

 ひとはついでも足そうする。

 

 このあたりは

 いろいろな物語で使われているように

 すでに手に入れているモノの

 価値を見誤り、

 それを失ったときに

 その価値を思い知る。

 

 もしかしら

 すでに多くのひとは

 幸せは手に入れているかも知れません。

 それを維持したうえで

 自分には何ができるか?

 それを知る為に仕事のレベルを上げたり

 副業をしたりするのは

 良い方法だと思います。

 

 収入を上げることと

 幸せを得ることを分ける。

 

 それが一番幸せに至る近道のように思います。

 

 

 最後まで

 読んでいただき有難うございます。

 

 これからよろしくお願いします。