人(子ども、社員)を育てる思考力

テストで0点を取った自分でも、1,300冊の本から考える力が貰えた

仕事は作り出すと独占できる

自分に合った仕事!

 

 昨年まで

 就職は学生優位でしたが

 今年ぐらいから

 それが揺らぐようです。

 

 10年程前

 正社員から非正社員を雇う

 という流れがあり、

 しかも

 それを国が望んで行動している。

 

 わたし達が忘れているのか?

 ただ単に無知なのか?

 正社員が優遇されているのは

 これまでの先人が

 自身の行動で

 勝ち取った権利もある。

 

 それは当たり前のものではなく、

 要求して行動しなければ

 手に入らなかったモノ。

 

 それを使わずに

 仕事をすることに焦点を合わせたのが

 非正規で働き

 自分らしい働き方をする。

 という考え方。

 

 問題なのは

 正規であれば

 能力が低くても得られるモノが

 場合によっては

 能力が高くても

 損をしている可能性があること!

 

 この辺は

 誰にでも当てはまる正解がないのが

 難しいところですね。

f:id:E-SHAO:20191019220432p:plain

 変化するから生き残れる

 

 今年は多くのスポーツ大会が中止になります。

 国民的な人気のある

 高校野球も春・夏と中止になり、

 高校3年生は

 残念な夏になりました。

 もちろん

 プロのスカウトも

 機会を失い

 模索していることでしょう。

 

 そして

 そこには即戦力が手に入らない

 という問題も絡む。

 

 いまでは即戦力という言葉が

 会社の人事からも聞こえて来ますね。

 しかし、

 野球やサッカーなど

 プロとアマでレバルの差があれど

 ルールも同じで

 おこなう事も同じだからこそ

 即戦力になる選手が存在する!

 

 では、

 学生として学ぶことと

 仕事をするために就職して

 結果を出すことに

 即戦力なる道があるのか?

 

 あるわけ無い!

 

 いままでやったことが無いのに

 戦力としてすぐに役立つひとがいれば

 すぐに退職して

 事業を立ち上げることでしょう!

 

 以前、

 大学の就職担当の先生が、

 いま伸びている会社と

 即戦力を求める会社には

 就職することは薦めない。

 といってました。

 

 そして

 いま必要な技術は

 すぐ使えなくなるとも・・・。

f:id:E-SHAO:20191003230210p:plain

 会社に入れば

 自分には合わないと

 辞めるひとは必ずいます。

 

 それ自体は

 悪い訳ではない。

 

 では、

 自分に合う仕事とは何か?

 それが分っているひとは少ない。

 だから

 それを見つける方法や

 努力(試行錯誤)するのであれば

 会社を辞するのも頷ける。

 

 それで起業して

 生活しているひともいるのだから。

 

 その代わりに

 会社にいれば

 自分以外のひとがすることも

 全てすることになる。

 

 出来れば

 速く成功して

 そこは代行してもらって、

 稼ぐことに集中してほしい。

 

 それが出来ないのであれば

 自分に合った仕事を探すのではなく、

 自分が仕事に合わせて変化するしかない。

 

 もちろん

 同じことをするのではなく、

 その仕事の価値を上げるなり、

 効率的に運用するなり

 その中で

 さらなる変化をさせることで

 自身の価値と自分に合った仕事を

 手に入れることも出来るかもしれない。

 

 ひとは生まれて来てから

 変化しなければ

 ひとりで立つことも出来ない生き物。

 ならば

 変化し続けて

 自分に合った仕事を創造していきましょう!!

 

 

 最後まで

 読んでいただき有難うございます。

 

 これからよろしくお願いします。