人(子ども、社員)を育てる思考力

テストで0点を取った自分でも、1,300冊の本から考える力が貰えた

学びは言葉から!

あなたが選択する方法論は?

 

 あなたの周りに

 勉強がとても出来たひとがいませんでしたか?

 また、

 勉強が苦手で問題児だったり、

 もしくは影キャラだったひともいたかも知れません。

 

 では、

 そんな学生がその後

 どんな人生を歩んでいるか?

 よほど仲が良くなければ

 知らないひともいると思います。

 

 わたしにも

 そんな友達がいます。

 

 わたしの学生時代、

 柔道部に不釣り合いな生徒がいました。

 彼はどちらかといえば、

 いじめられるような容姿でしたが

 勉強は抜群にできました。

 家での勉強は宿題のみ。

 学校の授業のみで学年10位以内。

 

 そんな彼がなぜ柔道部にいたか?

 その理由を聞くと、

 柔道部にいればイジメられることがないから!

 

 たしかに柔道部所属していれば

 誰も手出しはしてこない!

 

 彼が行った大学までは知っているが、

 その後のことは知りません。

 でも、

 モノの考え方が変わっていなければ

 普通の解決策を選んで

 いまを生きているとは思えません!

 

 もしいま、あの頃の戻ったら

 どんな受け取り方をして

 何を学ぶことにするか?

 そして今から出来る事は何か?

 

 時間を戻すことは出来ないが

 考えを変えることは出来るように思えます。

f:id:E-SHAO:20190906171308p:plain

 成功者と同じ体験は出来ないが・・・!

 

 先日、ネットで世界一の投資家、

 ウォーレン・バフェットさんの話を見かけました。

 その中で、

 わたしとの話の終わりに

 わたしが車をプレゼントをするとしたら

 あなたはどのように思いますか?

 好きな車を選んでもいい。

 

 こんな話をされると

 裏があるんじゃないかと思うよね(笑)。

 もちろん!

 実は君たちが選んだ車は

 これから生涯で買える一台の車だとしたらどうする?

 どれを選ぶか?

 その車に対してどのように付き合うか?

 いろいろなことを考えるよね・・・。

 

 このあとも

 話は続いていますが、

 このように「車を選ぶ」

 ということだけでも

 状況(環境)次第で、

 ひとは考えるようになる。

 

 ただ単に

 好きな車をプレゼントする。

 とだけいわれれば、

 その時、欲しい車を選ぶでしょう!

 

 それが、

 生涯で一台だけの車となると

 いまだけではなく、

 これからの人生まで考えてしまう。

 

 これはとても面白く思えますね!

f:id:E-SHAO:20190906093303p:plain

 ひとが変わる時は

 本当にたいした切っ掛けでは

 ないのかも知れません。

 

 しかし、

 考えない人間が変わることはない。

 考えない人間は

 ある日、棚ぼたで大金を手に入れれば

 その使い方が分らないために、

 日頃の延長線上の使い方をか、

 お金を使うための買い物をする!

 

 一度、生活習慣(高額の)を身に付けると

 生活習慣を落とすのが難しい。

 といわれますね。

 

 それも同じです!

 

 お金が欲しい。

 と日々考えているひとは

 いまの生活が少しでも楽になるために

 思っているのか?

 もしくは、

 お金を気にせずに使いたいからなのか?

 想像しているでしょうか?

 

 ここで、「両方!」

 と答えるひとは考えてない証拠。

 ここで必要なのは

 答えではなくて、考え、悩み想像すること。

 

 本当に想像することが出来れば

 靴の数も服の数も、

 食事の回数もそんなに必要がないことに気づく。

 (欲しい、ではなく必要)

 

 せっかく時間があり

 情報はその辺を飛び交っているのだから

 それらを利用して

 自分の糧にしてみませんか?

 

 

 最後まで

 読んでいただき有難うございます。

 

 これからよろしくお願いします。