人(子ども、社員)を育てる思考力

テストで0点を取った自分でも、1,300冊の本から考える力が貰えた

自分は大丈夫だと思ってしまう?

だから生きていける

 

 老人は気を付ける方が良く、

 若い人は大丈夫!

 という噂が新型コロナウィルスでは囁かれていました。

 

 しかし、

 若い人でも感染するし

 その中で一部は重傷化する。

 

 若い人でも糖尿病になる。

 若い人でもガンを発症する。

 若い人でも難病にかかる・・・。

 

 年齢と共に

 病にかかりやすいのは周知の事実!

 そして

 若い人より死亡率が高いのも同様。

 

 心情的には自分の親や

 世話になったひとには

 出来るだけ長く生きて欲しい。

 そう思うのは珍しくない感情。

 

 しかし、

 それが永遠に続くのは生物としては無駄なように感じます。

 

 ウイルスが変異して生き残るように

 生物は変わりながら

 生まれ変わってこそ意味がある。

 この世で老いない(朽ちない)モノは存在しない。

 だから長く存在したモノからこの世を去る。

 それが真理。

 

 でも、それが通じないことがある!

f:id:E-SHAO:20190909094811p:plain

 同じ結果が出ないのが普通と受け入れる

 

 若くても病を発症するひとがいれば

 無症状でウイルスを体内で保有して

 無自覚に抗体を作ってしまうひともいる。

 

 当たり前の話ですが、

 スポーツでも勉強でも

 同じ努力をしたはずなのに

 その違いを数字で見せられる。

 その違いを受け入れられないと

 

 「あいつは天才だから!」

 

 という言葉で済ませてしまう。

 

 たしかにひとは同じように見えた

 親子でも兄弟でも違う人間であることには変わりない。

 しかし、

 必要なのは違う結果が出たのならば

 違う道があるかも知れない!

 と考えて道を探してみる。

 

 成功例をなぞるのは

 悪くはないが、正解ではない!

 でも、それをしてしまうのが人間。

 

 さすがに起業や経営において

 まったく同じことをするひとはいないと思います。

 しかし、

 不思議と身体を使うスポーツの世界では

 それがまかり通っている。

 

 なぜでしょうかね?

f:id:E-SHAO:20190903180412p:plain

 そこには技術継承と同じように

 技術を身に付けるためには

 まずはマネをすること!

 

 そしてその先に行くためには

 身に付けたモノをアップデートする。

 もしくは、まったく違う視点で見て

 変化させるしかない。

 

 それを全てのひとが出来るか!?

 

 もちろん

 それが出来るのはほんの一部のひとだけ!!

 

 それは多くのひとが分っていること。

 ただ単に技術の話だけなら

 まだ傷は浅いかも知れませんが、

 それを仕事やプロスポーツ選手に当てはめると

 とても残酷なように感じます。

 

 それでも生きていかなければならない。

 そんな時には、

 「自分は大丈夫!」

 という根拠の無い自信?(もしくは思い込み)

 

 生きるうえではとても役に立つが

 それが病や車の運転(事故の可能性)においては

 マイナスに働いてしまうことがある。

 

 ひとが持って生まれた特性も

 それが出てくる場所(タイミング)次第で

 意味が変わり、

 プラスにもなればマイナスにもなる。

 そして、それが出て来て欲しい時には出て来ない(笑)。

 

 本当に上手くいかないな~!

 と思います。

 

 ならば、事実(現象)を知って

 ひとの特性を知ったうえで、

 どう受け取れば自身の精神衛生上良いか?

 考えて対処することから始めましょうね!

 

 

 最後まで

 読んでいただき有難うございます。

 

 これからよろしくお願いします。