人(子ども、社員)を育てる思考力

テストで0点を取った自分でも、1,300冊の本から考える力が貰えた

出来る事に挑戦する

抗うことが出来ないことは考えない

 

 個人の力では抗えないことがあります。

 もちろん

 それが出来る個人も少なからずいるかも知れません。

 

 しかし、

 そんなひとは

 抗うのではなく、

 いかに回避するか?

  を考える。

 

 わたしが生まれるぐらいのころ、

 1960年代~70年代にかけて

 日本の人口が1億人を超えました。

 

 また世界の人口も

 順調に増えていきました。

 その時は

 これまでのように人口が増えていけば

 国内だけで食料品を賄うのが難しくなる

 といって、

 食糧難がやって来る!

 なんていわれていました。

 

 そして

 その対策として農地の確保や

 佐賀県有明海の一部を埋め立てて

 農地にする計画が進められた。

 

 そして現在。

 多くの食料が廃棄され、

 有明海は潮の流れが変わり、

 その生態系と漁業資源は失われた。

 

 わたしたちは

 予想することはとんでもなく下手くそです!

 

 だから何度も間違えてきた。

 

 そして

 大きな流れを変えることに

 成功した例しがない!

 

 近年でいえば

 二酸化炭素の排出量を抑えるために

 その制御をしくじれば

 ひとが住めなくなる力を持つ

 原子力発電を使い続けている。

 

 しかも

 今更後に引けない状況でもある!

f:id:E-SHAO:20191022220922p:plain

 自分の最大値を自分で計る

 

 いまから

 原子力発電を全廃することは

 さらなる新発電技術が出て来ない限りは

 あり得ないと思います。

 

 また、

 電子レンジの磁場の話や

 スマホの5Gの電磁波の話も

 いまさら変わることは難しいでしょう。

 

 ならばどうするか?

 

 

 現在のように

 世界中にほ乳類が勢力を伸ばす前は

 世界には恐竜が優勢でした。

 

 それが隕石の衝突による

 気候変動により

 恐竜は絶滅した。

(諸説ありますが!

  また、鳥は恐竜の子孫だと考えられている)

 

 そんな環境(状況)に順応させることで

 わたし達の先祖は生き残った。

 

 これも生存戦力のひとつ。

 

 そのためには

 何が出来て、

 何が出来ないのか?

 まずは自分を知るために

 得意なこと&できるかも知れないこと、

 また、これだけは無理だということを

 自分の中で分けてみましょう。

f:id:E-SHAO:20190925175752p:plain

 ネットで一番

 元気があるように見えるのは

 批判のコメント。

 

 ひとによっては

 それが行動をするエネルギーになる

 なんてひともいるかも知れません。

 

 しかし、

 人間は基本的に天邪鬼!

 

 やれといわれれば

 反抗したくなる。

 

 日本では今回のウイルス騒動で

 自粛要請まで出している。

 海外では完全に命令を出している。

 なぜなら

 要請なんて聞かないから!

 

 そして

 日本と他の地域では

 感染者数(発病したひと)も

 死者の数も桁が違う。

 しかし、

 マスコミの慌てぶりは

 万国共通のようですね。

 

 これをどのように考えるか?

 

 答えは各人で考えた方が良いと思います。

 なぜなら

 ひとは指摘されると反抗したくなる

 天邪鬼ですから(笑)。

 

 だからこそ

 自分の行動は自分で決める。

 そして決めたら 

 自分で行動する。

 (相談するのはOK!)

 

 現在のように動きが制限される時には

 それは動くな!

 と指示されているから。

(ひとよりも大きな存在に?)

 

 そんな時は

 爪を研いで

 素早く動ける自分になる準備をしておきましょう。

 

 あとは

 スタートダッシュかましましょう!!

 

 

 最後まで

 読んでいただき有難うございます。

 

 これからよろしくお願いします。