人(子ども、社員)を育てる思考力

テストで0点を取った自分でも、1,300冊の本から考える力が貰えた

いまの働き方を考える

誰が得をする?

 

 頭を使うひとがより多くの収入を得る。

 

 現在のように

 現場で働くのではなく、

 リモートワークなど

 比較的自由な時間を行使するひとの方が

 現場で身体を動かして

 より達成感を感じているひとが

 割を食うことになる。

 

 もちろん

 あなたしか出来ない!

 (現場であっても)

 ことであればその限りでは無いでしょう。

 

 では、

 なぜ頭を使うひとがより高収入になるのか?

 

 簡単にいえば

 頭を使うとは学歴のはなしではなくて

 問題に対する対象を考え、

 何かをする時のシステム

 (枠組み)を構築して、

 前例(答え)が無さそうな事に対して

 リスクを取って行動するひと!

 

 わたしたちは

 頭が良い!

 と聞くとどうしても

 学生時代に聞いたフレーズで考えてしまう。

 しかし、

 学生時代の頭の良さは

 その後を一概に表すものではない。

 

 小学生の時から

 勉強に多くの時間を割いているひともいれば、

 部活もしてそれなりの自由の時間を使っていても

 結果を出すひともいる。

 (自分がなぜ勉強が出来るか?自覚出来ない)

 

 そんなひとを見ると

 その後もそのひと達は良い人生を送る。

 と思ってしまいますね。

 

 しかし、

 そんなひとが少ないのが現実の世界。

 

 それは過去もを振り返ってみても分かる!

f:id:E-SHAO:20190920155610p:plain

 出来ないひとは、自分以外のひとさせる

 

 戦後、たくさんの会社がこの国に生まれました。

 特に土建などの建設会社ですが。

 

 それを率いるひとが

 高学歴だったと思いますか?

 

 わたしが住んでいる地域では、

(一応、政令指定都市です)

 その地域でもっとも社長を多く輩出している学校は

 私立の高校でした。

 

 もちろん

 大学に行くひとの人数が多くなかった当時、

 現場の人間が一番力をもっていたことでしょう。

 いまとは

 ビジネスのありようが違っていたこと。

 

 だからこそ

 大学に行く必要が無い。

 とは言わないし、

 とにかく勉強をして大学に行け!

 ともいいません。

 

 大学に行って学びたいのならば

 何の為に大学に行くのか?

 そこで何を修めるつもりなのか?

 自分で考えて、

 自分で判断して、

 自分の行動にリスクを取ること!!

 

 

f:id:E-SHAO:20190922210309p:plain

 ひとは自分で選んだことしか

 本当の力を発揮することができない。

 

 これはスポーツの世界でよく見ますね。

 

 よく考えてみてください。

 誰かにやらされて結果が出るでしょうか?

 だから、

 仕事は自分が好きなことをしろ!

 なんて言われる。

 それが正しいとも思わないのですがね(笑)。

 

 好きを仕事にすると

 それが苦痛になる場合もある。

 どちらかといえば

 周りからみたら

 仕事をしているという認識でも

 本人は遊んでいる

 という意識であれば

 本当に楽しく生きているように見えるでしょうね!

 

 そんな想像をしてみませんか?

 自分は遊んでいる意識でいれるが

 他人からはそれは仕事と認識されていること。

 

 YouTubeなどは

 それに近いでしょうね。

 

 そんなことが

 自分の仕事にならないか?

 わたしはそれを日々考えて生きています。

 あともう一息で

 何かが出て来そうなのですがね(笑)。

 

 

 最後まで

 読んでいただき有難うございます。

 

 これからよろしくお願いします。