人(子ども、社員)を育てる思考力

テストで0点を取った自分でも、1,300冊の本から考える力が貰えた

会話はすれ違うモノ

男女の違いは180度!

 

 男女で気づくことが違ったり

 見ているモノが違ったりすることがありますね。

 

 それは生物として

 男女は真逆の存在だからこそ

 現れる現象であり

 まさに

 二人で一人前の存在とも言える。

 

 ひとが現在のように

 世界中に広まったのも

 男女で性が別れ

 それぞれの得意なことが違って

 それぞれが不得意なことがあるからこそ。

 だからお互いを必要とする。

 

 現在のように

 特定の異性に頼らなくても

 何とかなっているのは

 人類の歴史から見ても特殊なこと。

 もしかしたら

 いまだけの現象かもしれません!

 

 まずは

 男女がどれだけ違うかみていきましょう。

f:id:E-SHAO:20190827154545j:plain

 話すことすら意味が違う

 

 男性は疲れている時や

 悩んでいる時、

 語らずひとりで考えたり

 ボ~としていませんか?

 

 女性にとってそれは信じられない行動。

 女性の場合は

 話す事で出来事を整理して

 答えを出す手段にする。

 疲れている時も

 話す事でストレスを発散して

 次の日の充電にする。

 

 男性は冷蔵庫の奥のものは

 良く見えるが、

 手前にあるものを見逃してしまう。

 逆に女性は

 手前のものは良く見えているが

 奥にあるものは見逃してしまう・・・。

 

 根本的に

 お互いが無言で

 「分かって欲しい!」

 という思いは徒労に終わるだけ。

 

 モテる男性は

 女性の特性を理解して

 どのように動けばいいか!

 それを実行しているだけ。

 そこには

 自分の気持ちは入れないこと(笑)。

 (ストレスにしかならないからね)

f:id:E-SHAO:20190829090851p:plain

男性だから言えること

 

 男性が女性に対して物理的な打撃を与えれば

 立派な暴力です。

 もちろんそれが男女逆転しても。

 しかし、

 女性が言葉で男性を罵倒することも

 同じように暴力です!

 それを理解していない女性がいる。

 

 女性にとっては

 言葉で自分の思いを出しているだけかも知れませんが、

 どれによって身体的不調に陥ったり

 精神的な負荷がかかれば

 暴力ですよね!

 これを男女で逆転させても同じことです。

 

 お互いの違いを知っているひとは

 現在では幾分いると思います。

 しかしそれを利用して

 実戦しているひとは多くない。

 

 男性のみなさんへ、

 現在では昔ほど

 男性が活躍できる分野が狭くなっています。

 

 どちらかといえば

 女性が得意な言語や人付き合いなど、

 柔らかな時代に突入しています。

 

 そんな中を生き抜くために

 反射で相手と話すのではなく、

 「聞いて」、「貯めて(考え)」、

 それから「ゆっくり話す」。

 (相手が何を求めているか?)

 

 世の中の流れに対して

 逆張りをして見ませんか(笑)。

 

 

 最後まで

 読んでいただき有難うございます。

 

 これからよろしくお願いします。