人(子ども、社員)を育てる思考力

テストで0点を取った自分でも、1,300冊の本から考える力が貰えた

異性が見ちゃう場所で勝負!

男女で注目する場所が違う

 

 男女関係で第一印象は大切ですね。

 お互い清潔感は大切ですが

 それと同じぐらい大切な場所がある。

 

 どこだか分かりますか?

 

 男性は自分が触れる場所。

 女性は自分が触れられる場所。

 などといわれます。

 

 つまり

 男性は女性の胸やお尻などを見る、

 女性は男性の手を見る。

 

 男性の思考はよく聞く話ですが、

 女性の場合はたまに聞きますね。

 男性の手を見てしまうのは

 好みの可能性もありますが、

 自分の身を守るためとも考えられます。

 

 では、

 気に入られるために

 何に注目して

 行動すればいいか?

 考えてみましょう。

f:id:E-SHAO:20190909161309p:plain

 男性、女性それぞれ何に弱い?

 

 個人差はありますが、

 男性は女性のくびれに弱い!

 

 胸派か尻派か?

 そんな話をする人達がいますが、

 そこに注目するのは

 その前後があるからこそ!

 

 女性の和服はあまりくびれを強調しませんが、

 他国を見ると伝統的な服や装飾、

 ウエストや揺れ動くものに意識がいっていることを

 感じることができます。

 

 たとえば

 和服やチマチョゴリなどは

 女性のウエストの位置が

 高いように感じるようにできている。

 また、

 スカートを足下(あしもと)の方に大きな広がり持たせることで

 ウエストとの差を大きく感じさせる。

 

 なかには

 和服のように広がりがない服装があります。

 そのかわりに

 装飾品で揺れ動くモノ

(大きな耳飾りや袖のフリルなど)

 を取り入れて

 男性の意識を引きつける。

 

 女性が重視するのは

 身長や筋肉など体格の良さ。

 なのですが、

 これは生物としての観点。

 現在のように

 ひとの意識(生き抜くための思考と違う好み)

 が優位になると

 優しそう、かわいいなど

 生存優位に働かないことを重視してしまう。

 

 それでも

 共通しやすいモノがあります。

 その理由と対処は出来なくもない!

f:id:E-SHAO:20190904160524p:plain

やっぱりひとも生物である!

 

 どんなに努力しても

 イケメンや美女に勝てないことがある。

 ではなぜ

 イケメンや美女が優位になるのか?

 

 現在は医療や食料の充実によって

 病の種類が生活習慣病などに偏っていますね。

 

 しかし、

 ひとの長い歴史の中では

 感染症や外傷が主だったことは

 想像に難いと思います。

 

 それらは見て分かることです。

 時には病で見た目が変わったりします。

 顔の左右対称性が高いほど

 イケメンや美女に感じやすくなります。

 しかし、

 それがいき過ぎると人形のように感じて

 ひとらしい感情が読み取れない顔になってしまう。

 本人に責任はないのですがね!

 

 それは顔色などの

 肌の状態も同じですね。

 健康ではないひとの肌は

 肌色が悪かったり、デキモノがあったりと

 これも見て判断できる。

 

 顔かたちは

 変えるのは難しい。

 なので勝負する場所はそれ以外で行いましょう!

 

 まずは健康な肌を手に入れるために

 規則正しい食習慣。

(ダイエットでも病でもやることは同じ)

 そして運動で筋肉とこころに刺激を与える。

 

 あとは

 ひとの心理を学び

 異性を攻略しましょう。

 その過程で

 生きやすい人間関係の作り方も

 手に入ると思います(笑)。

 

 

 最後まで

 読んでいただき有難うございます。

 

 これからよろしくお願いします。