人(子ども、社員)を育てる思考力

テストで0点を取った自分でも、1,300冊の本から考える力が貰えた

ひとは動かされる

動くには理由がいる

 

 ひとは楽を選ぶように出来ています。

 

 お金に困らない状況で

 日々、することがあれば

 無理に仕事をしよう、

 頑張ろうとはしないでしょう。

 

 わたし達が一生懸命仕事をするのは

 仕事をして稼ぐことで

 生活を成り立たせているから。

 

 生活の不安が無ければ!

 

 あなたなら何をしますか?

 

 ゲーム三昧でしょうか?

 趣味に時間を使いますか?

 それとも

 学びそれを活かす道を探しますか?

 

 そんなことを考えると

 どんな仕事をしたいか?

 ヒントが掴めるのではないでしょうか?

f:id:E-SHAO:20191003220732p:plain

 お金は後からついて来ること言うが

 

 大道芸や路上ライブ、

 何かをすることで得るお金のことを

 投げ銭といいます。

 

 つまり

 貰いに行くのではなく、

 相手にお金を手放して貰う。

 

 お金を手に入れたければ

 貰う手を出して

 そこの出してもらう。

 

 お金を出すから

 〇〇してください。

 というのは

 事の評価結果ではないので

 思った結果になるとは限らない。

 

 なのでひとを動かすには

 お金はあまり良い結果が得られない。

 ひとを動かすには

 理由や思いが必要。

 

 仕事には理念(想い)が必要だが

 理念とお金は別!

 

 理念が無ければ動く意思が湧きませんが、

 お金がなければ動く身体も維持できない。

 動く身体が無ければ理念を実現できない!

 

 あなたが動くとき

 その背景に理念でも欲望でもあれば良い。

 しかし、

 他人を動かすには理念や想いが必要。

 

 もちろんそこに対する、

 労働の対価は必要。

 それが過小であればいずれ衰退する。

 

 稼げないのなら

 それは止めたほうがいい。

 

 自分が進みたい道がどんな道か?

 立ち止まってみるのも

 動くための理由になると想います。

 

 最後まで

 読んでいただき有難うございます。

 

 これからよろしくお願いします。