人(子ども、社員)を育てる思考力

テストで0点を取った自分でも、1,300冊の本から考える力が貰えた

どこを見ているか!?

見えているから分からない

 

 稽古のとき

 相手の出方を知っていると

 その対処は楽になる。

 

 他武道でも

 稽古の内容の多くは

 約束稽古が主流だと思います。

 

 まずは動ける身体を作る。

 その後に自由稽古で

 臨機応変な対処を求める。

 

 これは仕事でも同じだと思います!

 

 今回は動きだけを見ていると

 その本質を間違える。

 

 相手が腕を押さえに行けば

 押さえられるのは腕だけになる。

 だから、お尻をついて抵抗すると

 腕を掴んで動かそうとしても動かない。

 

 しかし、

 腕を通して身体を押さえようとすると

 見た目はあまり変わらないが

 身体の動きを制限できる。

 

 それは同時に

 押さえる側の違いが生じる。

 

 腕を押さえに行けば

 腕だけで押さえ。

 身体を押さえに行けば

 身体を使って押さえることになる。

 

 だからそれを崩すを

 相手の身体が崩される。

 

 だから、

 身体を押さえているつもりで

 押さえにいって、

 崩される技をかけられて

 身体が崩されなければ、

 それは

 押さえにいったひとの技量不足!

 

 稽古が足りない証拠ですね(笑)。

 質の高い稽古をしましょう!

 

 


AIKIDO 合気道を道具(魔法の道具)を使って見える化してみた(受けのレベル)

 

 4月に稽古日

 毎週、水曜日、金曜日(29日祝日以外)予定

 

 合気道 祥禮会

 

 福岡県北九州市小倉北区萩崎3-1
 足立中学校 武道場

 

 毎週、水曜日、金曜日
 20:00~21:30(一部20:00~21:00)
 体験稽古歓迎。

 連絡先
 gishikudo4@gmail.com