人(子ども、社員)を育てる思考力

テストで0点を取った自分でも、1,300冊の本から考える力が貰えた

あなたに必要なモノ

自分自身が貴いモノ

 

 お寺に行けば本尊となる仏像があります。

 

 神社に行けば三種の神器となります。

 

 その中に鏡がある。

 

 もちろん1,000年以上前であれば

 とても貴重なものだったでしょう。

 

 しかし、

 神社に祈願やお祈りにする姿を

 写し出すのが鏡。

 誰に対して願い事をしているか?

 それは自分自身にしている。

 

 だからこそ

 自分自身を大切にしないといけない。

 

 貴重なモノ、貴いモノは大切にしますよね。

 そしてそれが納められている場所も

  同じように清潔にして

 それを維持しようとする。

 

 扱い方が悪いと悪いことが起こる、

 それは多くの物語が語っている。

 

 では、

 どうすれば一番良いでしょうか?

f:id:E-SHAO:20191022222822p:plain

 自尊心は人間関係次第

 

 自分に自信がないひとは多い。

 

 それは自分と誰かを比べた結果か、

 言葉や態度によるマウンティングの結果か?

 それは分かりませんが、

 どちらにしても

 その結果を受け入れて

 自信を無くすのは自分自身のちから。

 

 だって誰かが、

 「あなたはつまらない人間です!」

 と言ったとしても、

 「いや、そんなことはない!」

 と言って否定するば

 自分自身を否定する必要はない。

 

 あなたの周りのひとが

 あなた自身を肯定して

 関係性を大事にしていれば

 外からのマウンティングも

 自分自身による自己否定もしなくなる。

 

 こどもの自尊心を傷つけるのも

 自尊心を育てるのも

 親次第だったりします。

 

 社会的に成功者の家には

 その後も似たような状況が続くのも

 関係はあるでしょう。

 そして、

 それはその逆もあるということ。

 

 だからといって

 それは永遠とは言えない。

 

 あなたが自尊心を取り戻すためには

 どんなアプローチがあるでしょう!?

f:id:E-SHAO:20190911102934p:plain

自分を敬うには学ぶこと

 

 自分を陥れるのも

 自信に満ちあふれるようになるのも

 あなた自身の行動による。

 

 近年インドで急成長した

 スタバのようなお店があります。

 その会社は大きくなり、

 海外の企業とも取引をするようになった。

 

 そんな話を聞くと

 羨ましく感じるかもしれません。

 

 しかし、

 その創業者が昨年、自死されました。

 経営的に問題があったわけでも

 プライベートに問題を抱えていたわけでもない。

 結果的に大きなプレッシャーがあったのか、

 その理由は分からなかったそうです。

 

 端から見れば

 ひとも羨む状況であっても

 その真意は誰も分かりません。

 

 そして

 過去を学べば、

 自分と同じような状況、

 同じような過去を抱えたひとが

 どんなその後をおくったか?

 

 それを知るだけでも

 生きるヒントになるでしょう。

 

 自分自身を変えることができるのは

 自分自身だけ。

 まさにその通りですね!

 

 

 最後まで

 読んでいただき有難うございます。

 

 これからよろしくお願いします。