人(子ども、社員)を育てる思考力

テストで0点を取った自分でも、1,300冊の本から考える力が貰えた

常識は誰かが引いたレール

当たり前の先には身近なひとしかいない

 

 勉強系YouTubeがいくつもあります。

 これも文庫本と思うと

 とても簡単で

 安上がりな存在。

 そして使い方によっては

 良いヒントになる。

 

 岡田斗司夫さんが

 自身で動画をアップするとき

 ひとつのテーマに対して

 いくつもの本を読むそうです。

 

 すると同じテーマに対して

 いろいろな切り口から書かれていることが分かる。

 

 そんな中、

 書いているひとが違っても

 重複している部分がある。

 それが

 そのテーマに対する有効な考え方と考えられる。

 

 自分の先達の話を聞くとき

 どこかで聞いたフレーズがあれば

 それは有効な考え方の可能性が高い!

 

 では、誰に話を聞きますか?

 

f:id:E-SHAO:20190923081307p:plain

 成功者は同じようなことを云っている

 

 本を読み解いた動画や

 過去の出来事から

 読み解いた動画を見ていると、

 どこかで聞いたフレーズ、

 どこかで聞いた展開?

 そこに気づくと

 そんなに多くの本を読まなくていいように感じます。

 

 たとえば

 「バビロン大富豪の教え」

 の中で出てくる、

 収入の1/10を貯蓄せよ!

 という言葉は良く聞きませんか?

 

 えっ!

 それで富豪に成れるの?

 と誰でも感じます。

 しかしここには

 複数の見方がある。

 

 まずは貯蓄をする。

 ある程度貯蓄があれば

 それだけで精神的な安定感が得られる。

 

 そして

 貯蓄したお金で投資をする。

 もちろん

 投資先は良く検討しないといけませんが、

 身銭を切るのだから

 それが減ればダメージはデカい。

 だから良く勉強することになる。

 

 そして最後に気づきにくく

 これが本来の目的だろうと思える

 答えが隠れている。

 

f:id:E-SHAO:20190917173619p:plain

欲望に順番をつける

 

 わたし達は収入が上がれば

 それに沿った消費をする。

 だからいつまで経っても

 お金が足りない

 いうことになる。

 

 つまり、

 お金持ちに成りたい!

 という言葉の裏には

 お金(残金)を気にせず

   お金を使いたい!

 ではないでしょうか?

 

 それではお金持ちにはなれない。

 というのが

 各成功者が書籍で言っています。

 

 では、

 どのように考えればいいか?

 

 それは

 使うためのお金を稼ぐのではなく、

 稼いだお金に働いてもらう

 ためのお金を稼ぐ。

 自分のお金が

 自分の為に働いてくれる従業員!

 そんなふうに考えてみてはどうでしょうか?

 

 最後に、

 何の為に稼ぎの1/10を貯蓄するか?

 

 それは

 残りの9/10の稼ぎで生活をする

 習慣を付けさせる!

 そうすることで

 自身の欲望に順位を付けて

 どれが優先なのか?

 それを自身で決めて行動させる。

 

 すると

 無くてもいいモノが見えてくる。

 

 それが感じられるようになれば

 例え金銭的に成功しても

 お金を消費するための道具として

 使う事は少なくなる。

 

 のではないでしょうか?

 

 ちょっと

 穿った見方ですが、

 そんな受け取りかたも出来ます。

 

 後はご自身で考えてみてください。

 

 

 最後まで

 読んでいただき有難うございます。

 

 これからよろしくお願いします。