人(子ども、社員)を育てる思考力

テストで0点を取った自分でも、1,300冊の本から考える力が貰えた

なぜ楽天は批判されたのか?

誰を見ているのか?

 

 楽天が送料無料をうたったが

 それが出店者から批判の的になった。

 

 楽天はいわゆる商店街のようなもの。

 出店者はそれぞれの商店に入っているお店。

 

 その場所を貸しているモノが

 お客さんのためにと

 送料無料を打ち出した。

 

 そして、

 言い出した企業が費用をみるのでなく、

 お客さんが買ったお店がそれをみることが

 批判の原因。

 

 では、

 同じような業態のアマゾンは?

 こちらは一定の委託料を店舗からいただいて、

 在庫の管理と送料を担っている。

 

 楽天はシステムを作って運用するだけ。

 商品管理も送り出しもそれぞれのお店が行う。

 

 アマゾンは店舗から商品を預かり

 システムからそのバックヤード、

 そして配送までやっている。

 

 似ているようで

 随分と違う形態をしています。

 

www.itmedia.co.jp

 ジャパネット高田の戦略!

 

 いまは全国区となりましたが、

 ジャパネット高田は長崎に本社を置く

 地方の企業できた。

 コマーシャルもラジオや

 九州のテレビがメインでしたが、

 商品の分割払の金利を無料にしたことで

 その躍進が始まった。

 

 その行動を

 今回の話に例えれば

 楽天は商品を売りたいメーカーが

 その金利を払う形で、

 アマゾンはそれをうたった

 ジャパネットが金利を払った。

 と考えられる。

 

 では、

 ジャパネット高田はどのように

 行動をしたか?

 分割の金利

 ジャパネット高田が担ったそうです。

 

 そして、

 自社の中にテレビ放送をする環境を整え

 より多くのひとに

 商品を知ってもらう努力をした。

 

 〇〇をする。

 と言うのなら、

 言ったモノがそれを担うのが筋というもの。

 

 これはビジネス以前の

 ひとの有りようの話みたいですね。

f:id:E-SHAO:20191022222822p:plain

ひとは動く人に付いていく

 

 動かずに

 「掃除をしろ!」

 というひとと、

 わたしも掃除をするから

 「一緒に掃除をしよう!」

 というひと。

 どちらの言葉に従いますか?

 

 ひとは頑張っているひとを見ると

 応援したくなりますよね。

 

 それは自身の投影でもある。

 

 自分が頑張っているとき、

 応援してくれるひとと

 無視するひと。

 どちらのひとを覚えているでしょうか?

 

 もちろん

 そんなことを考えている訳ではない。

 しかし、

 わたしたちは無意識の行動の中に

 多くの本質的なことが紛れている。

 

 もしも、

 企業の運営がAIになれば

 過去の失敗や批判を考慮した

 行動をすることでしょう。

 AIは合理的な思考をすることが得意ですからね。

 

 でも、

 その合理的な行動の手本は

 過去のひとの行動から出たもの。

 

 だから 

 ひとである限りは

 同じような答えを出すことも可能である。

 と考えられる。

 

 そんなひとになるように

 ニュースを書かれたまま

 受け取るのではなく、

 過去の出来事、事例と重ねて見る。

   すると違う世界が見えてきますよ!!

 

 

 最後まで

 読んでいただき有難うございます。

 

 これからよろしくお願いします。