人(子ども、社員)を育てる思考力

テストで0点を取った自分でも、1,300冊の本から考える力が貰えた

変化は小さく!

時と共にその変化は大きな開きが出る

 

 ドラマや漫画、アニメなどの物語りでは

 主人公がある日突然、

 大きな変化を

 受け入れないといけない状況なり、

 そこから

 物語が始まる。

 

 その状況(環境)の変化に対応する

 その時の葛藤や

 こころの動きが

 物語りの醍醐味になる。

 

 現実には

 変化は小さく、

 毎日、定期的に顔を合わせていたら

 その小さな変化は分かりにくい。

 

 しかし、

 その日々の小さな変化は

 ある日突然に開花する。

 

 でも、

 多くのひとはそれを待てない

 

 だから

 簡単に短時間に結果を求める。

 そしてそのために

 貴重なお金を支払う。

 

 つまり

 時間に対してお金を支払っている。

 なんてことには氣づいていない。

 

 あなたは時間に対してお金を支払っていますか?

 

f:id:E-SHAO:20191003220732p:plain

 好意も不満も積み重ね

 

 女性を口説くときに

 よく使われるのがプレゼント。

 

 仮想恋愛をしている

 お仕事のひとは

 自分が欲しいものをおねだりします。

 

 相手が送りたいものではなく、

 自分が欲しいものを貰う。

 

 とても効率的ですね。

 

 ただし、プレゼントをする方は

 プレゼントをすることで

 得はしませんね。

 プロ相手ではあまり有効な手段ではないようです。

 

 プレゼントで効果があるのは

 高価なものを少ない回数与えるのではなく、

 高くなくても

 プレゼントをする回数を増やす。

(ただし氣にいらないモノはダメ)

 

 ひとに好意を抱いてほしい、

 自分のことを意識してほしい、

 知って欲しいと思うのなら

 小さな出会いを増やし、

 よく見るひと。

 よく会話するひと。

 になること!

 

 ひとは環境(状況)によって

 それに対して変化していこうとするもの。

 

 だからこそ

 滅多にないことよりも

 自分が相手にとって定番になること。

 

 そうなれば、

 あとはあなたの魅力次第!

 

f:id:E-SHAO:20190904095727p:plain

テクニックよりも考えや思いが大事

 

 テクニックは習得することができる。

 だからこそテクニックと云う。

 

 でも、

 一番必要なのはその先にあるもの。

 本質的なものは

 何となく分かるが

 それを言葉にして

 相手に伝わるかが難しいところ。

 

 ブログやツイッターでも

 それを読んでいるひとの2割ほどしか

 その内容を理解できないようになっている。

 

 文字が多いと

 それだけで読むことを拒否してしまう。

 

 まるで

 学生時代に数学と聞くだけで

 解らない!

 と考えることを拒否するのと同じ。

 

 数学は「考える」という行為を

 身に付けるためのメソッド。

 

 答えを速く出すことが大事ではなく、

 答えに行き着くための道のようなもの。

 

 道を歩まずに

 目的地に着くことはない!

 

 スポーツでいえば

 ルールを知って活躍できれば

 注目される(社会的承認)し、

 高給を得る(心の安定を得る)できる。

 しかし、

 練習をする時間がもったいない!

 と、行動には移さない。

 

 たとえ、小さなことでも

 後で振り返って見れば

 「あれが転機だった!」

 と思い返すものです。

 

 いまからでも遅くはありません。

 小さな変化から始めてみませんか?

 

 

 最後まで

 読んでいただき有難うございます。

 

 これからよろしくお願いします。