人(子ども、社員)を育てる思考力

テストで0点を取った自分でも、1,300冊の本から考える力が貰えた

ひとは変化する生き物

変化していったからこそ今がある

 

 ひとは短期的には適応して、

   長期的には進化する。

 

 ひとは生まれた時期によって

 暑さ寒さに対する強さが変わるそうです。

 

 生まれて3ヶ月以内の環境が

 寒い時期であれば寒さに強くなり

 暑い時期であれば暑さに強くなる。

 

 日本など

 四季がある地域では

 あまり感じることが出来ないほどの

 気候というのがあります。

 

 年中寒い地域や年中亜熱帯の地域。

 

 人間ほど世界中に存在している

 生物は珍しい。

 それも形態を変えずに!

 

 海辺に生まれ、

 潜ることで糧を得ているひとたちは

 それに適した身体になっていく。

 

 

 それは短期的な適応ではあるが、

 それが繰り返していると

 ときに突然変異を生み出し、

 よりその環境に適した者が現れる。

 

 それが進化といわれる。

 

f:id:E-SHAO:20190930075752p:plain

 破壊と再生

 

 新しい自分になるには

 まずは破壊を行わないといけない。

 

 ひとという器はひとつしかなく、

 壊さない限り

 新たな器にはならない。

 

 むかしある科学者が

 わたしたちが食べたものがどこにいくのか?

 それを知りたくて

 自分の食べるものに

 マーカーを付けて食事をした。

 

 すると

 食べて物は形を変え、

 わたしたちの細胞の一部へと移り変わっていた。

 まさに

 ひとは食べた物で出来ていることを

 証明した瞬間でした。

 

 そんな真実を知っても

 食べることを重要視しないことがある。

 

 ひとは本当の事実よりも

 自分が求める形の真実の方を選ぶ生き物である。

 

 だからこそ

 都合の良い儲け話なんて存在しないのに

 それを信じていたいという幻想に欺される。

 

 苦しくても

 真実を見ることを

 あなたは出来ますか?

f:id:E-SHAO:20190925175752p:plain

知ればできるは幻想

 

 真実を知れば

 ひとは賢明な選択をする。

 

 特に経済学の中ではそのように

 ひとを捉えてきました。

 

 ひとは賢明な選択をすることで

 生きてこられたと考えられていました。

 

 しかし、

 行動経済学がそれはエコン(理想的なひと)という

 あり得ない、想像の中のひとと教えてくれた。

 

 理想的な彼女や彼氏が存在しないように、

 ひとは想像するひととは

 淡い期待の中にしかいないのかも知れません。

 

 でも、わたしはそれが無駄とは思いません。

 理想的な存在を

 外に求めるのは無駄だと思いますが、

 理想的な存在を

 自らに求めるのは悪いことではない。

 

 それを他人に求めるから

 絶望したり期待を裏切られたように感じる。

 

 向かうべきは

 自分の外にではなく、

 自分の内へ向かって磨き上げるもの。

 

 期待をするなら

 あなた自身に向けて生きましょう。

 

 

 最後まで

 読んでいただき有難うございます。

 

 これからよろしくお願いします。