人(子ども、社員)を育てる思考力

テストで0点を取った自分でも、1,300冊の本から考える力が貰えた

今年こそ変わりたいひとへ

ダイエットしてみたら!?

 

 新年から耳が痛い言葉かもしれませんね!

 

 これには理由があります。

 以前、アメリカの番組で

 ダイエットをサポートする

 ジムトレーナーの男性が、

 

 「なぜ、生徒達はダイエットを目標にしているのに

 みんなあんなにもやる気が続かないのか?」

 

 と思ったそうです。

 ダイエットをする目的で

 キツい運動をするのは

 大変だろうとは分かっている。

 

 しかし、その気持ちがすぐに萎えることが

 トレーナーには理解出来なかった。

 

 なので彼は、

 生徒の気持ちを知るために

 まずは太ってみた!!

 いままでのトレーニングを止めて、

 食事は高脂肪、高カロリー食にして

 自堕落な生活を送った。

 

 その結果、

 3ヶ月で見事なおデブちゃんの出来上がり。

 

 その状態から再度元の状態になるまで

 ダイエットに挑戦した!

 すると

 もちろん運動能力はがた落ちしていたが、

 一番落ちていたのが

 やり続ける根気だった。

 

 彼もプロなので

 自分が行っているトレーニングで

 代謝を上げれば

 痩せることを知っている。

 しかし、そのための根気が出ない!

 

 これがみんなが続かない原因か!!

 と悟ったそうです。

f:id:E-SHAO:20191024082650p:plain

 モチベーションと知識がひとを動かす

 

 上記のトレーナーは

 その後元の状態まで身体を持っていき、

 ダイエットをするひとの気持ちを考え、

 言葉かけも

 運動方法も工夫したそうです。

 

 ひとは何かをしたい、

 何かを成功させたいという

  気持ちが先行します。

 そして

 事を成し遂げた場面を想像する。

 

 目標を設定する。

 それは間違ってないと思います。

 しかしそれで満足しがち。

 

 必要なのは

 その目標までの道筋!

 

 スタート(現状)と

 ゴール(目標達成した自分)は

 思い浮かばせることは出来る。

 でも、その間の自分は想像つかない。

 

 わたしがダイエットしたときは

 何気に始めて、

 目標も無く、

 何のモチベーションも無し。

 

 あったのはどんなもんだろう?

 という疑問のみ。

 それでも続けられれば結果は出る。

 

 しかし、自分(人生)を変える程の

 目標ならば、

 その道筋を考えて

 1年間どんなことをするか?

 では、半年間何をすればいいか?

 では、3ヶ月間何をすればいいか?

 では、1ヶ月間何をすればいいか?

 では、1週間何をすればいいか?

 では、1日に何をすればいいか?

 というふうに

 細かく割っていく。

 

 そうすれば

 漠然とした望みが

 より現実味を帯びて見えてくる。

 

 まずは目標を作ったら

 文字にして見える化して見ましょう。

f:id:E-SHAO:20190920145119j:plain

まずは動いてみる

 

 自分が動かないと

 誰も自分のために動いてはくれない。

 その為にも、

 まずは考えて

 なにをするのが良さそうかを書いてみる。

 

 書いて違うように感じたら

 途中で修正すればいいだけ!

 

 決めたことをするのが目的ではなく、

 目標を達成するのが目的。

 道筋もただの手段!

 

 途中で道を違っても

 たどり着ければ問題なし。

 

 もしかしたら

 動いているうちに

 違うモノが見えるようになって、

 違う目標に向けて動きたくなるかも知れません。

 

 そんなことが

 人生の中にあってもいいんじゃないでしょうか?

 

 

 最後まで

 読んでいただき有難うございます。

 

 これからよろしくお願いします。