人(子ども、社員)を育てる思考力

テストで0点を取った自分でも、1,300冊の本から考える力が貰えた

理解力と思考力!?

「知る」と「考える」の違い

 

 「知る」は情報。

 「考える」は未知。

 

 AIが一番得意なのは情報を扱うこと。

 

 多くの情報から特徴を吸い出したり、

 関係性や同質のものを見つけてきたり。

 ひとだと見落としてしまう、

 または集中力が切れてしまい

 とても同じ結果が出せないこともある。

 

 それを補うのがAIや機械の仕事になっていく。

 

 だからこれからひとが担うのは

 「考える」=思考力がひとの仕事になる。

 と考えられている。

 

 しかし、そのための勉強(学び)をしているひとはいません。

 というか、

 それを教えられる教師も存在しない!

 

 ではどうすればいいか?

 

 それはその存在は希薄になっている「本屋」の活用です。

 

 ネットで本を買うことができるようになると、

 その便利さにより、

 小さな本屋から無くなっていき、

 いまでは大きな書店でも苦戦しています。

 

 ちょっと考えてみてください。

 ネットで本を買うと、

 その本を買った別のひとの情報から

 本をおすすめされますね。

 

 しかしそれは他人の好み。

 

 わたしの好みでは無い!!

 

 書店に行けば、

 思いがけない出会いがあります。

 それは検索できないところからやって来ます。

 

f:id:E-SHAO:20191103194538p:plain

 正しいは好み

 

 ひとにとって正しいこととは

 そのひとにとって好みのようなもの。

 

 だから社会的に間違っていても

 個人の好みにおける正しさは違う。

 

 それは政治家の不祥事や

 過去の官僚の不祥事を見ればわかること。

 

 個人にとっての好みは

 社会的な正義の上を行く。

 それが正しいとは思いません。

 

 しかし社会的な正義が常に正しいわけではないので、

 好みを持っていること自体は間違ってはいない。

 

 一番の問題は

 自分の好みも分からないこと。

 

 合気道を教える立場、

 メンタリストDaiGoさんの動画や

 岡田斗司夫さんの講座などを見ていると、

 ただその情報を鵜呑みにしてしまうのではなく、

 そこから背景を想像して、

 考え、納得する。

 

 すると違う世界が見えるようになる!

 

f:id:E-SHAO:20191103195831p:plain

あなたのことが理解できないわ!

 

 女性が男性と別れる時の常套句ですね!

 

 そんな言葉を使われたこと、

 聞いたことがあるひとがいるかもしれません。

 

 では、もし理解できたらどうなるでしょう?

 たぶん、

 もうあなたに興味が無いの!!

 と云う言葉で別れることになるでしょう。

 

 興味を引くのは分からないから!

 でも理解できないと嫌いになる。

 

 どちらにしても塩梅次第なのでしょう。

 

 TVの〇〇鑑定団を見ているとよく云われる言葉。

 旦那さん

 「価値があると思います。」

 奥さん

 「価値が無かったら他のものと一緒に処分する!」

 

 つまり奥さんは価値が分かれば置いていてもいい。

 と云っている。

 自分にとって価値が不明なものが身近にあると

 女性は不安になります。

 だから、旦那さんにとって価値が無いもの、

 奥さんにとって価値があるものは家から無くならない。

 それは男女平等でしょうか?

 

 そんなことを云う女性はいないのではありませんか?

 男女を分けて考え、

 自身の権利や平等を求めても、

 その結果、女性が握っている権利や有利な点を

 指摘して語ることはない。

 

 別に女性を批判しているわけではない。

 

 だた、女性が男性に求めるなら、

 男性も女性に求めることになる。

 そのことを想像(思考)しているのか?

 と聞いているだけ!

 

 たぶん、

 そのように感じる女性は少ないと思います。

 なぜなら、

 女性に男性に同じようなことを問いただすとき、

 多くは攻撃しているから。

 (意識出来ていないと思いますが)

 

 男性の攻撃は腕力、

 女性の攻撃は言葉。

 

 お互い持って生まれた特性を活かした方法をとっているだけ。

 

 そんなことを考えることも

 自身の思考力を養う練習になる。

 

 思考力があっての理解力!

 

 どちらも首の上に付いているモノを

 上手に使って生きましょう!!

 

 

 最後まで

 読んでいただき有難うございます。

 

 これからよろしくお願いします。