人(子ども、社員)を育てる思考力

テストで0点を取った自分でも、1,300冊の本から考える力が貰えた

鬱に関わるはなし

それは突然やってくる

 

 ひとの人生が分からないように、

 それは突然やってくる!

 

  勉強ができても

 身体を鍛えていて筋肉隆々でも

 関係ない。

 

 だから

 うつになることは不思議ではない。

 

 最近、

 芸能人にも

 手術後にうつになり

 数ヶ月休養することになりました。

 

 外科的な手術でうつになるなんて!!

 と驚かれたひとも多かったと思います。

 

 しかし、

 手術後に元気がない、

 以前のように踏ん張りがきかない。

 

 何かいままでと違う経験をする(負の経験)

 と気持ちの落ち込みと判断される。

 

 そのうち何パーセントがうつと云われる状態なのでしょう!?

 

 

dot.asahi.com

 原因は分からない、でも出来ることはある

 

 学校や部活に行きたく無かったとき、

 お腹が痛くなったり、

 頭が痛くなったり、

 熱が出たりしませんでしたか?

 

 それだけわたしたちの心(精神)は

 自身の身体に対して影響力を持っている!

 

 ならば

 その逆も起こりえる。

 

 基本的に手術において恐ろしいのは

 術後の感染症

 

 西洋でも長い間、

 不衛生からによる感染症

 病気の治りの遅さを経験している。

 

 しかもそれが是正されたのは近代のはなし。

 それを指摘したのも現場の看護師で、医師ですらなかった・・・。

 

 いまなら当たり前ではあるが、

 手の消毒や清潔なシーツ、

 清潔な器具に包帯。

 それが見直されなかったのか?

 それは、

 過去の影響力のあるひとの考え方がまかり通り、

 それを変えようとしない!

 

 まるで現在と大差ないはなしですね。

 

 それでもうつになる理由、

 可能性を考えてみましょう。

f:id:E-SHAO:20190909191451p:plain

一応出しておきましょう?

 

 手術をすると感染症予防のための抗生物質を使います。

 

 抗生物質

 ひとが弱ったときに悪さをする菌を押さえてくれます。

 

 とても有り難い存在のため、

 抗生物質に効果がないウイルスに対してまで使ってしまう。

 

 そのことによって、

 耐性菌が増えていき、

 これから効果が出なくなる可能性がある。

 というはなしもあります。

 

 この抗生物質は身体に対する害をなす菌にも、

 ひとにとって良い菌でも

 見境無く攻撃します。

 

 それはひとの都合であって

 抗生物質は自分の都合でおこなっているだけ!

 

 そのため、

 腸内にいる腸内細菌にも攻撃してしまう。

 

 そして近年では、

 腸内の環境とうつの関係性を扱われることが出てきました。

 

 もちろん、

 手術後に腸内環境を良くするようにすると

 傷の治りにも違いがあるという報告もあります。

 

 わたしたちには

 生まれながらの味方がいます。

 

 それを攻撃するのも自分自身(頭脳)。

 

 もちろんこれは一例なので

 これで全てのうつが解消することはありません。

 しかし、

 出来ることは増える。

 

 できるだけ

 楽しい人生を送れるように

 知ることと考えることを心がけてほしいと思います。

 

 

 最後まで

 読んでいただき有難うございます。

 

 これからよろしくお願いします。