人(子ども、社員)を育てる思考力

テストで0点を取った自分でも、1,300冊の本から考える力が貰えた

ひとを引きつける文章表現

その言葉を聞いて行動したくなるか?

 

 文章を書いて生計を立てられるプロの作家は少ない。

 

 明治の文豪

 

 その多くは本業をおこないながら

 作品を投稿し

 認められるようになってから

 それを職業にしている。

 

 当時、売れる作家も

 その私生活はピンキリ。

 

 いまのように

 作家に良き精神性や

 社会人としての誠実性を求めていたら

 おもしろい作品は少なかったことでしょう。

 

 では、

 わたしたちが記事を読んでくれるひとに何を渡せるか?

 

 メンタリストのDaiGoさんは

 

  •  文章を読んだ時に相手にどんな行動をして欲しいか。
  •  伝わる文章より、したくなる文章。
  •  読み手の感情に響くキーワード。
  •  タイトルに感情を入れる。

 

 と言っております。

 彼は科学的にアプローチを善しとしています。

 

 たしかに感覚的にも頷ける言葉。

 

 情報だけなら

 ネットの世界にあふれています。

 

 でも、わたしたちは

 感情で動く生き物です!

 欲しいのはトリセツではなく

 こころに響く言葉。

f:id:E-SHAO:20190903080008p:plain

 共感、苦しみ、大義名分

 

 近代において

 王政から民主主義に大きく舵を切った国を知ってますか?

 

 それはフランス。

 フランス革命では、

 市民が自身の考えを発信して

 それが受け入れられると

 議会に選出され、

 さらに議論を重ねていった。

www.shueisha.co.jp

 アメリカ横断ウルトラクイズなどで問題になった、

 

 「自由の女神アメリカに送ったのは国はどこ?」

 

 という問題の答えを知っているのと、

 その背景を知っていての知識では、

 深さが違いますね。

 (答えはフランス)

 

 これは知識であって

 気にしないひとには響かない。

 

 ひとに響くのは

  •  共感
  •  苦しみ
  •  大義名分

 

 どれも身近にあるが

 気づかなかったり、

 気づいて欲しいと思っていることではないでしょうか?

 

 わたしの苦しみに共感して

 それを払拭する行動(大義名分)に賛同して欲しい。

 

 ちょっと前にあった

 「#KuToo」反パンプス運動が良い例です。

business.nikkei.com

 

 ひとはわかり合える問題に対しての行動に賛同する。

 

 しかし、賛同するからといって

 行動するとは限らない。

 

 行動すれば変わるのに

 その経験が無かったり、

 印象が薄いと

 動かないものです。

f:id:E-SHAO:20190903082239j:plain

 

すぐ動くためにはどうすればいい?

 

 すぐに動くひと。

 それはどんなひとでしょうか?

 

 あなたの周りにはいませんか?

 

 逆に

 動かないひととはどんなひと?

 

 過去の失敗や

 行動することによる他者からの評価。

 間違った時の恥ずかしさ。

 

 何となく

 「行動」と「感情」を混ぜていませんか?

 

 社会では時として

 サイコパスのようなひとが成功者となる。

 そんなひとは

 自分の行動

 自分の感情

 切り離して受け入れる。

 

 それを身に付けるためにはどうすればいいか?

 

 一番の近道は瞑想だそうです。

 

 西洋ではマインドフルネスとして扱われてますね。

 

 これも自分が行動するしかない。

 

 

 以前、

 柔道の指導手伝いをしていたとき

 生徒の親御さんから、

 子どもがレベルアップするにはどうすればいいか?

 と聞かれました。

 

 その方法は

 子どもにも言っている!

 でも、その身体を動かすのは子ども自身。

 

 わたしが憑依して動かすことはできない!

 

 こんな例を言いました。

 あなたが(子どもやその親)がお腹が空いた

 からといって、

 わたしが料理をして、

 わたしがそれを食べても

 あなた方の空腹は満たされない。

 

 練習法(料理の仕方)も

 問題点(食べる時のマナー)を指摘して

 教えることはできる。

 

 でも、自分の意思で動く(食べれなければ)

 レベルアップ(空腹は満たす)はできない!

 

 成功者は動くことでそれを手に入れている。

 

 上手くいくかどうか?

 それは成功者も知らなかった。

 

 ただ信じて、

 もし違うようだったら

 修正してさらに行動した。

 

 そんな自分でいたいと、わたしも思います。

 

 

 最後まで

 読んでいただき有難うございます。

 

 これからよろしくお願いします。