人(子ども、社員)を育てる思考力

テストで0点を取った自分でも、1,300冊の本から考える力が貰えた

やりたい事だからがんばれる

好きな事なら苦を感じない

 

 みなさん、好きな事をしてますか?

 

 それで稼げたら一番かもしれません。

 

 でも、結構悩むかもしれませんよ!

 

 むかし、競馬で生活をしているひとの話を聞きました。

 

 競馬で高額配当を得たら

 そこには税金がかかります。

 

 数年前、競馬の高額配当で得た利益を

 申請しなかったことで脱税あつかいにされた。

 すると、いままで買ったが外れたお金は必要経費になるのではないか?

   という申し立てがありました。

 

 全てに当てはまるわけでは有りませんが、

 場合によってはそれが認められる。

特殊な例ではありますが

 

 あるひとは競馬の配当で得た利益を、

 きちんと確定申告をおこない

 それを毎年おこなうことで

 家を買うときにちゃんとローンが組めた例もある。

 

 凄いですよね!!

 会社員でも、自営業という枠でもないと思います。

 

 しかし、彼にとって競馬で配当を得るのは仕事。

 

 なので、あまり楽しくはないそうです。

 外れれば収入がないのですから!

 

 「好き」というより「得意」なのかもしれません。

www.all-senmonka.jp

 仕事は向き不向きばかり

 現在、学校の先生になることを望む

 若いひとが少ないようです。

 

 わたしが小学生のとき

 小3~小6まで担任だった先生は面倒見が良かったのですが、

 50代で亡くなってしまいました。

 

 家庭環境が良くないこどもや

 それに対する対応など、

 身体を壊したようです。

 

 また、クラブ活動や

 中学、高校の部活も

 基本的に好きじゃなければできない!

 

 なので、学校によっては無い競技もあるようです。

(わたしがしていた柔道部などはかなり減っているようです)

 

 学校に部活動があるのは日本だけ。

 しかも基本無料です。

 

 何かを習い

 何かを身に付ける。

 それが無料なんてことは

 おとなの世界ではあり得ない!

 

 それを提供する方も、

 好きでやっているひとでも食べれなければ

 提供もできなくなる!

 

 だからNPO非営利団体)も

 ただで働らくなんてナンセンス。

 

 食べることができて、

 休養がとれて、

 また働ける状態ができることで

 よい結果が生まれる。

news.yahoo.co.jp

好きな事はがんばってやらない

 他人から見たらがんばっているように見えるかもしれません。

 

 しかし、やっている本人は何とも思ってない。

 そんなことがあります。

 

 考えてみてください。

 苦しいも楽しいも、

 快も不快もすべて感情です!

 

 個人の感情は数値化できません。

 

 しかもその良さも

 時として他人には分からないもの。

 

 いままで学校の部活動も

 指導しているひとが好きでやっていた。

 

 そんなひとが減っていけば

 必然的に部活動を指導するひとも減っていく。

 これは仕方がない。

 

 自分がしたいことをするのが幸せに近づく近道。

 

 あらゆることが転換期。

 

 いままで通用していたことが

 通用しなくなってきた。

 

 ではこちらが変わるしかない!

 変われないひとが置いて行かれる。

 

 それは歴史が教えてくれている。

 

 変化を受け入れない者は置いていかれ、

 好奇心を失わない者が先に行く。

 

 あなたはどちらを選びますか?

 

 最後まで

 読んでいただき有難うございます。

 

 これからよろしくお願いします。