人(子ども、社員)を育てる思考力

テストで0点を取った自分でも、1,300冊の本から考える力が貰えた

発達障害は悪か?

普通の人間はいない、都合のいい人間だけがいる

 日本ではビル・ゲイツは生まれないと言われます。

 

 何かの能力が飛び抜けて存在すると 

 多くのひとができる事ができなくなる。

 

 これは程度の差こそあれ、

 よくあるはなし。

 

 ある芸能人が社会人になった後に、

 東大に入学したとき、

 こんなことを言ってました。

 

 東大は全ての教科を普通以上に取れれば入れる。

 

 つまりずば抜けた能力があるひとが入るところではない!

 

 まさに日本人の心情にあった大学ですね(笑)。

 

 世の中を変える能力ではなく、

 世の中を円滑に回す能力はある。

 

 日本の場合の発達障害

 この能力から遠いひとを指すと思います。

mi-mollet.com

 100年前から変わらない

 いまを見るには歴史を知るのが一番。

 

 日本がいまのような教育をしだしたのは明治期。

 西洋に比べたら当時の日本は遅れていた。

 

 そのため多くの人材を必要として、

 全体的な底上げが必要になった。

 

 その中から優秀なこどもが

 高等教育を受けて

 経済人や官僚などになっていった。

 

 しかし、それは先行している国や制度など

 それを知って実践するためには有効だったが、

 先頭に立った場合は

 緩やかな停滞しか産まない。

 

 世の中を進めるのは

 若者、よそ者、バカ者と言われます。

 

 昨今、発達障害と言われるひとが

 欧米ではその役目を果たしている。

 

 そんなひとから見たら、

 日本で順調に勉強をしてレールに乗っているひとの方が、不思議な存在に思えるでしょうね!

 

 でも、心配しなくて大丈夫です。

 

 アメリカでも他の西欧でも家族は

 学校に行って、資格を取り、企業に勤める

 そのことを望むものです。

 

 みんながみんな起業を目指している訳じゃない。

f:id:E-SHAO:20190903080008p:plain

自分は変えられるが他人は変わらない

 人間関係のはなしでよく聞くフレーズです。

 

 発達障害と判断されたこどもや

 すでに大人になっているひとを変えるのは難しい。

 

 自分自身がみんなと違う。

 自分自身をコントロールが難しい。

 ならば近くにいるひとが変わるしかない!

 

 そんなこどもを持って

 それでも何とかやっていけてるところは

 同じようなアプローチをしていると思います。

 

 不得手をできるようにさせるより、

 得意を伸ばさせる。

 

 これは普通に学校に行けたひとも変わらない。

 

 いまは大きな転換期。

 社会的評価から個人的評価へ!

 

 発達障害という言葉も社会的評価。

 

 それを強みに変えることができれば

 個人的評価が社会を変えることになる。

 

 普通も

 当たり前も

 しょせんは言葉遊び。

 そんなモノは存在しない。

 

 発達障害は悪ではなく、

 受け取り方によってはギフテッドにもなります。

 

 

 最後まで

 読んでいただき有難うございます。

 これからよろしくお願いします。