人(子ども、社員)を育てる思考力

テストで0点を取った自分でも、1,300冊の本から考える力が貰えた

なりたい自分になるために

実現できる(する)ことしか浮かばない

 ひとは自分が実現できること

 実現することしか考えつかない!

 

 と言った科学者がいました。

 

 たぶん人間の脳で理解できないことは

 考えつかないのかもしれません。

 

 同じようなことを漫画家が行ってます。

 特に戦後の漫画で未来の街並みを表現していた。

 わたしが子どものころは漫画だけではなく、
 子ども向けの本でも、そんな特集がたくさんありました。

 

 高速道路や空飛ぶくるま、
 リニアモーターカーのよいなものが筒状の道路を移動する。

 

 宇宙空間までエレベーターで行き、
 月に居住空間がある施設がある。

 ひととロボットが街を歩き、
 ロボットが危険な作業をになっている。

 なんだか、今とこれからのことを暗示していませんか?

 日本が人型ロボットにこだわるのは
 過去の記憶(漫画やアニメ)が関係しているのかもしれませんね。

f:id:E-SHAO:20190828115910j:plain

 

 あなたが望むこと

 あなたはどんなことを望みますか?

 いまより技術が発展した世界。

 いまより制度が発展した世界。

 

 技術はより便利になれば良いと考えやすい。

 その分、仕事や移動が楽になるから・・・・。

 と、昔のひとも考えたはず。

 それに近づいたはずなのですが、

 以前と変わらず忙しくありませんか?

 

 下手をしたら
 やらないといけないことが増えていませんか?

 おかしな話で、便利を追求したら

 面倒がふえている!

f:id:E-SHAO:20190827085605j:plain

どちらを選びますか?

 世の中に合わせて自分を変える

 自分に合わせて世の中を変える

 

 すべての生物は前者を選んできました。

 だからこそ多様性が生まれ、

 同じ種でありながら住んでいる(生息地域)地域が違うと
 習性やフォルムが変わってしまう。

 

 もちろん人間も例外ではない。

 過去を見たら、

 霊長類である人間も数種類存在した。

 たとえばネアンデルタール人ホモサピエンス(現生人類)と

 交配することで滅んでしまった。

 それは意図したことでは無く、

 自然な成り行き!

 

 わたしたちは事を選んでいるようで
 状況(環境)に流されているだけかもしれません。

 

 それでもそこからはみ出そうとする人材がいる。

 そしてその一部が世の中を変える原動力になる。

 

 それに対して一緒に動くか?

 それに抗(あらが)うか??

 

 日本人はとても分かりやすく反応してくれる。
 年を重ねると、新しいことにチャレンジしなくなる。
 (メールやスマホ、メルカリやその他のサービス)

 生物が新天地を目指して旅に出るのは
 その環境に耐えることができる若い者(世代)。

 常に前の世代は置いて行かれる!

 あなたは生物としての流れに従いますか?

 それとも抗い変化を受け入れて生きますか?

 まずは考えてみましょう。

 そのうえで変化の仕方、

 どのように変化するか?

 そんなはなしをして行きましょう!


 最後まで読んでいただき有難うございます。
 これからよろしくお願いします。