人(子ども、社員)を育てる思考力

テストで0点を取った自分でも、1,300冊の本から考える力が貰えた

これから生き残る企業とは

過去にこだわらない

 日本は戦後何もないところから短期間で経済成長してきた。

 もちろんそこには運もあった。

 

 それ以上に稼ぐことに焦点をあてて

 問題をはらみながら突き進んだ。

 

 時には環境破壊、

 時には交通渋滞&通勤地獄

 と環境変化と状況変化をしてきた。

 

 つまり企業が成長してきた背景がいまとまったく違う。

 

 なのに仕事の仕方や制度などを変えずにいるのはどうでしょう?

 

 日本ほど業態変化しない社会も珍しいのではないでしょうか?

toyokeizai.net

 変化したから生き残った

 アメリカのGEという会社を知ってますか?

 トーマス・エジソンが作った会社を吸収したのち

 成立した会社。

 

 電気関係の仕事が主でしたが、

 時と共にその事業内容を変えていき

 140年ほど続いている会社。

 アメリカではこれだけ長く続いていいる会社は珍しい。

 ひとつの事業ではなく

 その時代ごとに内容を変化してきたことが

 存続につながっている。

 

 日本でも長く続いている会社は最初の事業とは違っている。

 

 生物と同じで

 環境に合わせて自分を変化させることができるものが生き残る。

 

 知っていたでしょうか?

 現在、パンダは竹を主食していますが、

 元々は肉食だったことを!!

 

 企業も所詮は現世に存在するモノの一部。

  変化を受け入れなければ淘汰されるだけ。

f:id:E-SHAO:20190823094242j:plain

個人として何ができるか?

 会社の上司やトップがどんな考え方をしているか?

 仕事をする側から言えば給与が多い方がいいでしょう!?

 でも、それが残業をして

 家に帰れば寝ることしかできなければ意味はない。

 

 太古の人間の労働時間を知ってますか?

 一日、二時間!

 もちろん、いまと違ってその日食べるための労働。

 保存食やそれ以外の余暇のための行動はなかった。

 

 ひとは「楽」を求めるようになっている。

 だからあなたが楽を求めているとしたら

 それは自然なこと。

 

 もし、転職を考えているのなら

 給与も大切ですが、そこの環境も大切。

 ひとは必ずがんばれる時期とがんばれない時期が来ます。

 

 自分にとって必要なものは何か?

 それをよく考えて選ぶべきです。

 いくら収入があってもそれ以上に浪費してしまえば貧乏になる。

 

 浪費はとは欲しいもの。

 これは感情に左右され、買ったら満足してしまうことがある。

 

 必要なものとは真逆!

 

 こればかりはわたしが選ぶことができません。

 わたしが知っているのは、

 わたしにとって必要なもの。

 

 あなたにとって必要なものはなんでしょう?

 

 それを楽しめる時間ができるような仕事(制度がある場)を

 選ぶのもひとつの手だと思います。

 

 最後まで読んでいただき有難うございます。

 これからよろしくお願いします。