人(子ども、社員)を育てる思考力

テストで0点を取った自分でも、1,300冊の本から考える力が貰えた

ひとを動かす方法

怒るはあなたの感情

 感情を出すことでひとが動くのは赤ん坊のときだけ!

 

 赤ちゃんは言葉で伝えられないから泣くことで

 自分の意思を伝えようとする。

 言葉を使えるようになっても

 自分の意思を上手く伝えられない時は

 機嫌が悪くなりますね!

 

 なので言葉が通じるのに

 怒ることでひとを動かそうとするのは
 赤ちゃんと同じことをしているようなもの。

 なので大人は怒るのではなく叱るとなる。

 

 あなたはどんなふうにして、ひとを動かしてますか?

f:id:E-SHAO:20190822091127j:plain

できない事に対して感情は無力

 合気道の先生が
 相手の技の良くないところを指摘しても

 自分の技の向上にはならない。

 と言ってました。

 できていないのはなぜか?

 それを考えることで

 どのように言えば助言になるか?

 どのように接すれば変わるか?

 そのヒントに気づく。

 

 できない事に対して感情を抱いていいのは自分自身だけ。

 それはできない自分に憤って変化を求める

 

 感情を出すことでスッキリしてしまう。

 しかし、問題が解決することはない。

 これを使うとひとを見る基準になります。

 

 会社などで怒るだけのひとがいますね。

 これは自分の感情をだしている。

 その後、解決策やそのヒントを与えてくれるか?

 

 でも、仕事ができるひとはこの「怒る」という手段を使わない。
 なぜなら、怒られるだけでメンタルは下がる。

 メンタルが下がれば仕事の効率も判断力をさがる。

 そうなれば結果的に怒った本人が一番困ることになる!

f:id:E-SHAO:20190822094659j:plain

変えたければ態度で示せ

 日本では仕事は見て盗めと言われてました。

 

 しかし、それでは仕事の効率が悪いからと

 教育プログラムがすすめられた。

 仕事を盗む過程でその指導法も学ぶ。

 そこで怒るひともいるし言葉で伝えるひともいる。

 

 本来、仕事を盗むことを辞めた時点で

 後輩に対する指導法も確立しないといけなかった。

 でも、長い間見て身に付けていたのでプログラムとして確立できていない。

 

 なので、仕事に対する心構えや後輩に対する態度。

 指導法などは自分がそれをやってみせるのが一番。

 

 赤ちゃんが親の言葉を覚える時にマネをするように
 ひとは誰かのマネをすることで能力を獲得する

 ことが一番の近道。

 

 だから成功しているひとの近くに行こうとする。

 それだけ良くも悪くもひとは周りにひとの影響を受ける。

 

 あなたは影響を受ける側でしょうか?

 それとも影響を与える側でしょうか?

 

 最初から影響を与える側にいるひとはいません。

 立場がひとをつくる

 といいます。

 

 ひとを動かしたいのなら、

 まずは自分から動いていきましょう!

 

 最後まで読んでいただき有難うございます。
 これからよろしくお願いします。