人(子ども、社員)を育てる思考力

テストで0点を取った自分でも、1,300冊の本から考える力が貰えた

大学の状況も緩やかに変わってきている?

大学名から指導者名へ

 地方に住んでいると、都内の大学の関係性はそんなに詳しくありません。
 東京都だけでも日本の人口の1割はいる。

 

 しかも地方から若い人がやってくる街。

 

 いまのように情報が均一(一部)に手に入るようになって、
 ひとの流れが偏ることによる変化が出ているのかもしれません。

 学生のころ、

 数学が得意でした。
 そして3学年の間に教える先生が毎年替わりました。
 

 不思議なもので授業が
 分かりやすい先生と、
 分かりにくい先生がいる。

 大学では中高とは違うので参考になるとは思いませんが、

 やはりひと(教授など)で大学を選ぶ時代になるのか?

president.jp

 評価主義の時代?

 飲食店で考えると、

 たとえばラーメン屋、中華料理屋、イタリアンのお店など。

 というくくりで見ると、誰が作っているか?

 で、味も盛り付けも雰囲気も違う。

 

 わたしたちは「店」で選んでいますが、

 実際には「ひと(作っているひとなど)」で選んでいる。

 なので、父親から息子に

  代替わりすると味が変わったと感じてしまう。

 実際は変わってない!

 だから、先代を抜かないと常連から評価されない!

 

 ミシュランの星を維持することは大変だと思います。
 料理長が替わったとしても

 いままでの評価を維持したうえで、

 さらなる先を目指さなければならない。

 

 と、選ばれる側からの話をしましたが、

 選ぶ側も知識、もしくは自身の感覚を磨かないと選べない。

 「好き」で選んでも良いが、

 先を見据えて選ぼうとしているひともいるでしょうからね!

f:id:E-SHAO:20190820091348j:plain

「いま使える」は「すぐ使えなく」なる

 これを説明するのは難しいのでスポーツで例えます。

 

 プロスポーツで主に活躍できるのは若いうち

 もちろん経験を積んで技術を高めることはできる。

 それには時間という対価を払っている。

 そこに怪我という負荷がかからなければ活躍できる!

 

 経験で積んだ技術とは変化すること

 若い時だからこそできることがある。

 しかし、若いからこそ難しいこともある!

 

 それを社会に当てはめて考えると、
 何となく感じるものがあるのではないでしょうか?

 

 では、どうすればいいのか?

 変わることを受け入れられる自分をつくる。

 

 わたしは頭で理解しないとできない!

 わたしって〇〇でしょう!だから・・・。
 やったことないからできない!

 

 自分で自分を縛っている。

 その自縛を他人がほどいても、

 本人がそれを認識出来なければ

 縛られた時と変わらず変化しない!

 

 だから、自覚できるように自分でほどくしかない!!

 

 あなたが息(生)苦しいのは自分で縛っているかも知れませんよ。

 

 最後まで読んでいただき有難うございます。
 これからよろしくお願いします。