人(子ども、社員)を育てる思考力

テストで0点を取った自分でも、1,300冊の本から考える力が貰えた

転換期がやってきた!

あなたは変われますか?

 甲子園も雨で順延して、今日からまた始まりました。

 

 今年のスポーツは卓球やバトミントン、
 スポーツクライミングでの活躍。

 女子ゴルフの活躍など
 いままであまり目立ってなかったスポーツが注目されています。

 

 そして野球は予選での話題!

 などいろいろありました。(まだ8月ですがね!)

 YouTubeでも武道系の動画がたくさん上がってます。

 そのなかで空手の先生が他武道の道場で研究したりしています。

 従来なら考えられないこと!

 でも、わたしは大好きです(笑)。

 

 同じ系統の中にいては広がりがありません。

 技を取り入れるのではなく、その思想、考え方を取り入れる。

 そのうえで自身の変化に目を向ける!!

 

 武道はそっち方面に行くように思います。

 では、日本のスポーツはどうでしょうね?

headlines.yahoo.co.jp

 厳しくして上手くいくという思い込み

 厳しい練習で結果がでた。

 それは過去の経験から導き出されたもの。

 

 同時に違う指導法をしたらどうなるか?

 それは分からない。

 もしかしたらもっと素晴らしい選手が育っていたかもしれない?

 でも、知らないものは無いのと一緒!

 そして厳しく指導するのは軍隊で新兵を即席で使える人材にする方法。

 

 学校の部活、ある期間だけ活躍することができるチームをつくる。

 そんな時には有効だが、活躍し続ける選手になるには
 個人の身体的強さが求められる。

 それがあるひとだけがその後の道に続く・・・。

 時代はそれに疑問を投げかけている!!

f:id:E-SHAO:20190816233329j:plain

あなたが次のひと(世代)を育てている 

 わたしの意思で他人は変わらない。

   変わることを受け入れられるひとだけ!

 

 それでも言葉では変わらない。

 目の前のひとの立ち振る舞いを見て変わる!!

 

 なので、あなたにそんな気持ちがなくても
 だれかの見本になっている。

 

 花火大会でゴミの問題がありますね。

 だれかが捨てていたるのを見たら、
 「あっ、捨てていいだ!」と思う。

 悪い意味での立ち振る舞いともなりますね。

 

 でも、全否定はしません。
 そんなひとも反面教師になれる。

 尊敬はされませんが・・・。

 あなたはどちらの道を選びますか?

 

 選ぶのはあなた自身。

 幸せになれそうな方を選んでいって欲しいと思います。

 

 最後まで読んでいただき有難うございます。

 これからよろしくお願いします。