人(子ども、社員)を育てる思考力

テストで0点を取った自分でも、1,300冊の本から考える力が貰えた

多数の意見の逆張り

信じるために疑う

 勉強でもスポーツでも活躍しているひとは

 一般化できない方法を取っていることがあります。

 

 でも、勉強で良い成績をとるための方法。

 スポーツで結果を出し続ける方法。
 どちらも本人にとっては普通なこと。

 

 そんな人間ではないひとはどうすれば良いか?

 「まずは疑う」

 「また~!!」

 と思ったことでもやってみる。

 できればそこからは解体作業。
 その動きを言葉にしてみる。

 
 言葉にできたら動きを見える化する。

 

 言葉は理(ことわり)、見える化は実。

 私しかできないことには意味はない。

 

 多くにひとに見てもらって、感覚を応用してほしいと思ってます。


AIKIDO 合気道を(道具魔法の道具)を使って見える化してみた(両手取り一教運動 小刀2)

 

 最後まで読んでいただき有難うございます。
 これからよろしくお願いします。