人(子ども、社員)を育てる思考力

テストで0点を取った自分でも、1,300冊の本から考える力が貰えた

結婚ラッシュ!?

選ぶ理由、選ばれる理由

 朝ドラでも結婚はなしが続いてますね。

 

 しかし、一組が結婚報告をすると次々と結婚報告が続く不思議?

 

 それぞれ結婚理由があるのでしょうが、やはり外せないモノはあると思います。

 

 多くの生物はオスがメスにアピールするもの。

 それに対してメスが応えるかどうか?

 なかには家を用意していたり、踊りを踊ったりと努力をしている。

 多くの生物は観察研究で選ばれる理由がある程度わかっています。

 

 では、人間はどうでしょう?

 

 一般的な生物は子孫を残すことが生きる目的です。

 しかし、人間はそれだけではない。

 こどもができなくても!

 と一緒に人生を過ごすことに意義を見いだすこともある。

 

 生物全体からみたら不思議な存在です。

f:id:E-SHAO:20190813083830j:plain

 お互いどこを見ているのか?

 多くの陸上生物は自分の巣を持ちます。

 もちろんそこは清潔でなければなりません!

 

 これと同じように女性は男性に清潔感を求めます。

 ただし無意識に!
 これは生物にとっては共通原理。

 子孫を育てる場所の清潔感を大切ですが、自身も清潔にするのは
 病気の予防、優秀な遺伝子を有しているというアピールできる。

 

 でも、これは最低限のはなしですね。

 いくらイケメンで収入があっても、

 触られたくないと感じれば無理でしょっ!

 

 では男性は女性のどこをみているか?

 生物の観点からみるとやはり若さになってしまう。

 若さといっても年齢ではありません。

 極端なはなし、子孫を残せるかどうかなので、

 若さ、健康さを感じられれば無意識に判断する。

 髪のつやだったり、肌の状態だったりとやはり見える所から判断している。

 

 ここまでは生物としてのはなし。

 人間は自分の思考で判断もします。

 なので年齢で選ばないことがある。

f:id:E-SHAO:20190813090550j:plain

意識に働きかける

 映画やドラマ、小説や漫画でも鉄板の組み合わせがあります。

 

 幼なじみ!

 なかなか廃れない設定ですね(笑)。

 

 といっても自分でどうにかなるものではありません。

 それに近い状態にすることで関係を築くことができます。

 

 それは多くの時間を共有すること!

 同じ仕事場だったり、定期的に出会う間柄だったりと

 接触回数が多いと影響を受ける。

 

 なので、遠距離恋愛は難しい。

 

 結婚を手近に済ませた、なんて昔は言ってました。

 でもそれが普通のこと。

 いまのように、

 多くのひとが遠くに移動できる時代はなかった。

 出会える人数も限られていたので、その中で選ぶしかない!

 

 このように出会うひとは限られる。

 そしていつ出会ったひとと結ばれるか分からない。

 出会いも運命です。

 

 それをどのように使うかは本人次第。

 良い出会いをするために、まずは自分を変えていきましょう!

 

 最後まで読んでいただき有難う御座います。