人(子ども、社員)を育てる思考力

テストで0点を取った自分でも、1,300冊の本から考える力が貰えた

子どもに勉強をさせる前に

「勉強しなさい!」は誰のための言葉?

 どうしても言ってしまう言葉!

 

 言わずに済むのなら良いのですが、なかなかそうはいかない。

 

 世の中には東大に入ったひとの話、
 子どもを東大に入れた母親の話(父親の話はありませんね)

 などが毎年のように本になって売られてます。

 

 あれらの本を読んで実践したひとがどれ程いたでしょう?

 

 よく言われることですが、

 同じような本が並んでいるのは、絶対の正解がない

 もしくは本を書いたひとには有効だったが、他のひとには合わなかった。

 

 しかし、まずは子どもに「勉強しなさい!」という前に

 一読して考えてみる。

 そして自分に同じ事ができるか??

f:id:E-SHAO:20190809093948j:plain

 いままでのことを思い出して!

 日本では子どもと一緒に寝起きする習慣があります。

 欧米では赤ん坊の頃に別々に寝る習慣があります。

 

 どちらが良いか?

 その立ち位置によって評価は変わります。

 

 子どもと一緒に寝起きすると赤ちゃんが泣くたびに抱え上げる。

 すると赤ちゃんは「泣けば抱いてくれる」と理解する。

 それ自体が悪いというはなしではありません。

 しかし、ああすればこうしてくれる!

 と無意識にすり込んでしまう。

 

 そのまま、親は子どもの面倒を見続けることになる。
 どこでそれを手放しますか?

 

 江戸時代

 武家では男子は数えで15歳、女子は13歳で成人。

 町民や農民は18歳~19歳でした。

 町民や農民は10代前半から働き始めている。

 

 なので、今のように7歳から勉強を初めて高校もしくは大学まで勉強をしていた時期は無かった!また、勉強をしているひとの方が少なかった。

 

 勉強をやり続けるのも才能

 

 では、才能があれば放っておけばいいのか?

 (ほとんでひとはその才能は怪しい!)

 そんなことはない。

 そのひとにあったアプローチで子どもは伸びる!!

f:id:E-SHAO:20190809101542j:plain

ほめるだけだと自己肯定感が下がる

 褒めて伸ばす教育法は注目されています。

 しかし、中には社会人になって

 「褒められると伸びるタイプなんで!」というひともいるそうです。

 彼が誰かを成長させることができるとは思えませんね。

 

 また、褒めるだけだと自己肯定感が下がるということがわかった。

 

 怒る(叱る)だけ。

 褒めるだけ。

 というゼロが100かの方法で人は育たないということ。

 子どもは簡単には育たない。

 一番必要なのはよく見て(観察)して気づくこと!

 

 これは親が一番身近で、一番できること。

 

 あなたの子どもはどんなタイプですか?

 負けず嫌い?

 集中すると周りが見えない?

 好奇心が大きく気持ちがいろいろな所に向く?

 それともボ~としていることが多い?

 

 ひとの顔も性格も違うように勉強のタイミングも方法も違う。

 

 でも心配は無用。

 いまは勉強法の本が出ています。

 それを参考にして勉強法を子どもと話し合うか、

 親がアプローチしてください。

 

 その前に、自分の子どもがどんなタイプか見て気づくことを忘れずに。