人(子ども、社員)を育てる思考力

テストで0点を取った自分でも、1,300冊の本から考える力が貰えた

ブログでも話をする時も気になること

それだけ大切(重要)だから繰り返す

 よく話を聞いてみると

 同じようなことを繰り返し話す人がいると思います。

 

 いつも顔をあわせる立場にいると

 それがうざったく感じるでしょう。

 

 昔話の繰り返しなら

 聞く方にとって重要ではありません。

 

 しかし、それがスポーツや仕事、

 ものごとに対する思考法だったりすると

 そうではありません。

 

 世の中に大切(重要)なこと、

  考え方はそんなに多くない。

 なので重要なことは繰り返し語られる!

f:id:E-SHAO:20190711101454j:plain

 

 

身体を使う人は知っている

 スポーツで説明すると分りやすい。

 

 スポーツを始めたとき

 まずは基礎的なことを繰り返しおこないます。

 

 そしてだんだんとレベルを上げていき

 難しいプレーやトリッキーなことができるようになり

 周りを楽しませることができるようになる。

 

 しかし、どんなことにも伸び悩みの時期はやってくる

 (特にダイエット!!)
 そんな時は初心にもどり

 基礎的なことをやってみる。

 

 するとなんだか難しく感じる。

 初心者のころは

 見本と同じことをすることに一生懸命で

  そこに秘められたモノまで気づかなかった。

 

 それが自身のレベルアップをすることで
 単純なことの中の重要なことに気づきだす。

f:id:E-SHAO:20190711103219j:plain

ブログでも書籍でも同じ

 エッセイや時事的なことを書いている作家さんの書籍を読んでいると

 時々どこかで読んだことあることが書いてある。

 

 多くの人は

 書籍に新しい情報や

 目新しい考え方を

 知りたくて読んでいると思います。

 

 しかし、人生において重要なことがそんなに変化するわけじゃない。

 

 なので伝えたいことは変わらない。

 変わるのは伝え方が変わるだけ!

 

 伝え方を変えるのは

 世代によって知っている事

 経験した来たこと

 見てきたものが違う。

 (特にお笑いやファッション、流行は違う)

 

ブログはどうでしょう?

 日々の話や経験したこと
 多くの人に伝えたいこと

 いろいろな設定でこまるであろうことに対する解決法など。

 

 そんな中でも共通な部分は必ずあるでしょう。

 それが重要というわけではない。

 

 重要なのはそこから読み取れること

 その読み取ったことを言葉に変換して

 伝える段階になると同じような表現になる。

 

 その表現は世代を超えて

 何となくでも伝わらないと

 その時代で廃れてしまう。

始めるのは簡単、難しいのは続けること

 上の見出しの言葉も

 長い間使える言葉じゃないでしょうか?

 なので、たぶん何処かのブログでも使われている。

 でも気にしない!

 なぜならそれは本質に近い言葉だから

 

 大切なことは繰り返し使われ

 まるで音楽の歌詞のよう。

 

 なのでわたしのブログでも同じような引用があると思うので気にしないでください(笑)。