人(子ども、社員)を育てる思考力

テストで0点を取った自分でも、1,300冊の本から考える力が貰えた

仕事のすすめかた

成績をマイナスの時にこそ

 営業など、どうしても上手くいかない時があります。

 

 それに対してノウハウを身に付けさせる会社がいくらあるでしょうか?

 

 多くは叱咤激励(激励はほぼない)はすれども、

 

 どうすればいいか(数字に繋がる方法論)は教えてくれない。

 というか、知らない!

 

f:id:E-SHAO:20190707162340j:plain

 自ら買って出る

 ある営業マンはそんな状況で、

 売り上げの悪い場所に移動した!

 彼曰く、

 だれが担当しても成績が悪いのだから大きな期待をされない。

 

 そこで、売り上げを上げるために上役と一緒に売り込みに行ったりした。

 すると徐々にではあるが数字が上がるようになり、

 営業で一番の売り上げを上げるようになった。

 

 そうなると会社は他の悪い地域を担当させようと地域替えをする。

 同じ方法でまた数字を上げてしまう。

 

 では、以前数字が上がった地域はどうなったか?

 引き継いだ人は、説明をされていても人間関係ができていないため、

 数字は落ちる。

 数字を上げる手段と

 数字を維持する手段は違う!

 会社同士の仕事であっても、

 現場は人対人。

 同じ能力を持っていれば親しい人を選ぶのが人情!!

 

 

f:id:E-SHAO:20190707163658j:plain

苦しい時期を共にする

 お互いがそれを乗り越えてきたから言えることかもしれませんが、

 苦しい時期を乗り越え、

 良い状況になって「ポッ!」と知り合った人と

 同じ立ち位置にはなれない。

 

 数字だけ追いかけるとこの立ち位置にはなれない。

 

 前章の営業マンはどうなったか?

 彼は成績が悪い地域の担当になると数字をあげ、
 また同じような地域に移動する。

 

 そして、数字が上がった地域を担当した他の人がまた落とす・・・。

 成績が悪いところはそれ以上落ちようがないので、

 数字は上がるほうに行きやすい。

 

 上がれば下がる!

 

 上がり続けるのは至難の業。

 

 もし、今うまく行ってない人がいたら、
 それは上がるための準備期間と思って試行錯誤する。

 

 そして、動いてみて、上手くいっている人に、
「あなたならどうしますか?」

 

 と、素直に聞く。

 何とかしようと動いている人をむげに扱うことは難しい。

 

 どこの世界でも共通する人徳は、

 

 素直で真面目(クソ真面目はダメ)です!!