人(子ども、社員)を育てる思考力

テストで0点を取った自分でも、1,300冊の本から考える力が貰えた

子どもに勉強をさせたいなら!

親が勉強しないなら子どももしない! 親が高学歴だと その子どもも高学歴になりやすい。 それは統計から分かること。 一昔前までは 良い大学~良い就職先へ! それが良い道だと考えられていました。 確かに 鎖国をしていた時代から 開国の時代においては 海…

コロナウィルスに対して出来ること

インフルエンザでも同じこと! 中国発のコロナウィルスが 注目されていますが、 古い話になれば インフルエンザでも 多くのひとが亡くなっている。 そして インフルエンザは毎年 たくさんの地域で発生して 報道されないだけで 亡くなっているひとはいる。 今…

ダイエットのその後

停滞期は悪か? もうすぐ冬が終わり 春を迎える訳ですが、 そろそろ夏に向けて ダイエットを考えるひとが 増えていくことでしょう。 または、 ジューンブライドのため ダイエットをするひとも いるかも知れません。 目標を叶えるためのダイエットは 成功する…

親は子どもの話を聞かない!

親にとって子どもは子ども 高齢化社会になり その子どもも少し前なら 一人前の大人として 接しられる年齢になっている。 それでも 高齢の親にしてみれば 自分の子どもは いつまで経っても子ども扱いしてしまう。 すると 親の生活に対する改善や 年齢から来る…

あなたが選ぶ未来は?

ひとはマネをして生きるもの 先週から新しいスポーツクジが発売されました。 キャリーオーバーなら 一等が12億円になるそうです。 宝くじといえば アメリカのクジが有名ですね。 キャリーオーバーで100億円になったりします。 20年の分割にすることで 満額を…

ダマされたくない人へ

見えているからダマされる 見えてるから、 知っているからこそ 勘違いしたり ダマされたする。 学歴を重ねて 専門家だからと 多くのひとは信用する。 過去を振り返ってみると わたし達の生活に関わる 経済や金融の世界の崩壊は 専門家が現実を見誤り 誰も予…

成長する為に出来ること

自分ひとりでは成長出来ない ひとが成長するときには ひとの力が必要になる。 なぜなら 何が足りていないか 知らなければ 何を身に付ければいいか? 何に力を注げばいいか? それすら分からない。 自分のことは意外に分からないもの。 分かったつもりでいる…

ひとはひとの目を気にする

人以外のモノを気にしない わたしたちは自分以外のひとの 目と評価を気にする生き物です。 ひとの目を気にするあまり 自分ではしたくないこと、 例えば 学校で委員長をしたり、 内申書を良くするために 苦手なことをした経験、 または そんなひとを見たこと…

思いに重きを置く

思考は実現する!? 将来、お金持ちになりたい! こんな人と結婚したい。 世の中を変えたい! と夢見ることは自由。 その力が 現在の社会を作り上げたと 言っても過言ではない。 人間が世界中に進出していったのも 高いビルを作り出せたのも 不思議な現象を…

答えは誰が知っている?

失敗や疑問から自身で導き出す わたし達は小学生から 長ければ大学生までの16年間 教えられる側として過ごす。 常に答えのあることを 目指して勉強をしている。 (テストなど) だから、 習い事でも YouTubeにでも 書籍に対しても その中に答えを求めてしま…

自分に出来ることは?

相手が何をしたいかを考える 子どもが素直に自分の思いを 発することはあまりない。 自分が子どもの頃 どんな思いを抱いていたか? 思い出そうとしても 痛いことしか思い出せませんね(笑)。 それでも 当時、どれだけ語彙力が無かったか! それは思い出しま…

壁を突破するには?

人類は危機を乗り越えてきたから今がある 生物としての人類(ほ乳類)も 歴史の中の人を見ても、 何とか生き残ってきた 人々の子孫がいまのわたし達。 だから自分を卑下する必要はない。 もちろん 昔も今も様々な問題を抱え それを突破すた過去と これから突…

褒めても、怒っても人は動かない

子育てにも通じる考え方 自分が動かないのは 面倒だから! 先送りの気持ちは 誰にでも分かる感覚だと思います。 面倒だな~! 思うだけで動けなくなるが、 実際に動いてみると 簡単に出来てしまったりする。 勉強もやり始めると 続いたりしますが、 始めるま…

情報を武器にしているか?

情報はその辺に飛び交っている 現在はニュースを見る機会が あまりないのですが、 事実を伝えるだけなら ひとが伝える必要はない。 その出来事に対して ひととしての感情は聞きたくない。 テレビになると それが万人の意見のように感じられる。 しかし、 コ…

ひとを引きつける言葉

生まれてから一番言われる言葉は? ひとには氏名(名前)があります。 氏(うじ)はそのひとの生まれと 自身の過去からの繋がりを示します。 そして名は そのひと自身を表す呼び名。 普段は 自分の名前を氏名とは言われません。 しかし 正確には氏名が正しい…

悩みを解決する手順

悩みを問題に落とし込む 悩みを抱えた経験がありますか? ひとが悩みを抱えた時 それをひとに話すことがある。 そうすると 悩みの本質に対して 前情報を付けて説明してしまう。 当然、 悩みに至る道筋があるし 自分がどんな心情だったか? それも含めて 悩み…

人生は無理ゲーかな?

立ち位置によってそれは変わる 日本では出版不況で 本が売れないそうです。 一番本が売れていた時期には ハードカバーではなく、 文庫本やそれに準じた本が売れていたそうです。 わたしが中学生の頃は ジャンプが全盛期で 500万部や600万部売れていました、 …

ひとりでも出来ることはある!

環境がひとに力を与える 勉強はひとりでも出来ます。 しかし、 場合によっては 誰かと共にすることで 大きな変化を産むことがあります。 スポーツでも 基本的には対人戦が主眼ですが、 練習には 個人で行う方法や 戦術を考えることもできる。 武道、武術にお…

言葉をあなたの見方にする?

あなたの発した言葉を二度聞いている! ひとを呪わば穴二つ そんな言葉を 聞いて事がことがありませんか? ひとを呪う言葉は 呪う相手に対して使われる。 辞書には その行動が自身に返ってきて 報いを受けることになる。 と書かれています。 ほとんどのひと…

想像力は身体に宿る

身体があるから想像できる ひとが遠くに行ったり 高い建造物を建てたり ひとと違う生き物の不思議に対して 好奇心を抱いて それを解明しようとするのは 頭の中に「脳」という 臓器があるから。 そんな脳も その中のシナプスが発達して お互いのシナプス同士…

CMの効果はあるのか?

テレビも新聞も広告のためにあった 広告を出すのは 自分のお店や商品のことを 知ってもらうためにある。 そして 実際にそれらの商品を買ってもらうためにある。 それは商売というものがあり、 競合する者がいるからこそ 広告を出す意味がある。 ある限られた…

明確な目標を設定する

ひとはふんわりした事では動かない 学生時代でも 社会人になって 会社などの組織に所属しても 明確な目標が欲しくなる。 いまおこなっている事が どんな意味があるのか? それが明確にされれば 達成感を得られる。 ひとは自身の行動が どんな意味があるのか…

群れることで安心感を得る

安心感が目を曇らせる 自分以外のひと(身近な人)の 動向を見て、自分の行動を決める。 それが普通のひとの行動原理。 だから就活で周りの動向が気になる。 その動向によって 自分の現状に対する評価を改める。 本来の自分の気持ちや 自分の特性などを考え…

結婚をしたいのなら気を付けろ

相手を選ぶ基準は二種類しかない 昨年から 意外な芸能人の結婚が続いていました。 そして今年に入り 意外な家族の不仲が伝えられました。 芸能人でもセレブでも わたしたち一般人でも、 結婚できるのはひとりだけ! そんなとき どんな基準で相手を選ぶか? …

ひとには明確な目標が必要

何となく生きることは出来るが・・・ 世の中にはいろいろな仕事がある。 贅沢を言わなければ 仕事があるのだから! と言うひとがいるが、 ただ生きるためだけに仕事をする そんな気持ちで 働いているひとは多くはない。 もちろん家族のため、 子どもためなど…

笑顔はタダだが得るものは多い

笑顔を嫌うひとは少ない 笑顔がひとを引きつけるのは普通のこと。 笑顔は自分の各パーツが 顔の中心に集まっているように見える。 その顔は まるで子どもの顔のように見える。 人類にとって 子どもは守るべき存在。 生物としてもその反応は当たり前のこと。 …

ひとは弱い生き物

弱いから考え知恵を身に付けた 生物として見れば ひとには牙も無く、 鋭い爪も無い。 速く走れる足も、 頭上を移動できる身軽さも無い。 そして 生まれ持った筋力も強くもない。 (鍛えればそれなりの力を身に付けられる) だからこそ 頭(頭脳)を使い 知恵…

報道はセンセーショナル

孤立とは他者がいるからこその言葉 少子高齢化の状況は 年を重ねたひとが最後を迎えるひとの数が これから人生が始まるひとの数を 上回る状況が続くことになる。 過去の記録において そんな状況を経験したという 記述が無いから (あるかも知れないが知らな…

与える内容はいろいろある

GIVE(ギバー)「与える人」こそ成功する時代 GIVE&TAKE ギブ&テイクと云う言葉は 多くのひとが知っていると思います。 社会に出れば本当に与えることに がんばっているひとがいます。 しかし、そんなひとが 金銭的に恵まれているように 感じられないことが…

変える勇気、変えられない自分

慣例と思い込みが今を作っている 1月24日の読売新聞に 日本で始めて100m9秒台を切った 桐生祥秀さんの記事が載っていました。 そこには 「ピンなし」常識覆す。 陸上の競技で使われるシューズには 靴底にピンが付いています。 最近、 マラソンや駅伝で…