人(子ども、社員)を育てる思考力

テストで0点を取った自分でも、1,300冊の本から考える力が貰えた

自分を信じるためにすること

自分を知っているひとは少ない

 

 この夏は東京オリンピックが行われるはずでしたが、世界的な災害によって来年に延期されました。それも来年開催できなければ開催中止になるという話です。

 スポーツの世界ではオリンピックに出ることはたいへん名誉なことです。それと同時にその後の生活に関わるほどの箔が付くもの。だからこそ選手はそこに焦点を置いて仕上げてくる。一般的な仕事でも大口のプレゼンの用意をする時は、いろいろな可能性を考えてことに挑みますよね。しかし選手によっては、もしかしたらそれ以上かも知れません。

 

 もう10年ほど前に競泳の世界ではいくつかの最新水着が注目されました。それを着るだけで10分以上かかったりしていた。

 当時、選手はその着心地は良いものでは無かった。しかしそれを着て泳ぐと数値には違いが出る。つまり競技としての結果と選手の感覚との違い

 シロウトは自分のことは自分が一番分っていると思っている。しかし一流選手は自分の感覚と外からの、客観的な目線を欲しがる。それは当然のこと!

 わたしたちは自分自身の顔も知れない!

 

 鏡で見る顔は左右が反転している。そしてわたしの顔を知っているのは私以外のひと。だからこそ気づくことがある。

f:id:E-SHAO:20191022222822p:plain

続きを読む

仕事への向き合い方

のめり込めなければ飛び移られる

 

 好きなことを仕事にする。

 とは言われますがなかなかそれを実現しているひとは多くはないと思います。たしかに小学生が憧れる職業というのが毎年発表されて、それが実現できたらいいね!と思ってしまいます。ではそれを実現したひとでどれだけのひとが満足しているのでしょうか?

 

 これを数値で表すことができればよいのですが、それは難しいでしょうね。

 子どものころは仕事の一面しか見えないため、憧れて行動することができる。そして実際に仕事を始めると時に想像していなかった辛さを知ることになる・・・。

 

 例えば、「ひとに頭を下げたくない」というひとがいます。わたしが高校生のときにも同級生にいました。ひとに頭を下げたくないから、と言って社長になりたいと思うひとがいるかも知れません。しかし、現実は会社の社長ほど頭を下げているひとはいません。

 

 一般的な会社員がどれだけ頭を下げているでしょうか?

 

 もちろん毎度ミスをするひとであれば、頭を下げる割合が多いかも知れません。しかし、それが毎日続くでしょうか?本当に毎日続くのならば解雇されるでしょうね。

 

 そして頭を下げれば事が済むのならばこれほど安いモノはない!

f:id:E-SHAO:20190923075106p:plain

続きを読む

決まり事は何処まで従うべきか?

法治国家ならば・・・

 

 近年、副業を推奨するひとが増えて来ましたね。そこには国がそれを促す流れもあるので大っぴらにしていなかったひとも、声に出して云える雰囲気になっている。ほんの10年ほど前であれば、正社員が副業をするということは会社としても認めていなかった。

 会社の規則によってそれを抑止する文章もあったことでしょう。しかしながら日本は曲がりなりにも法治国家です。(それなのに法に関わる人間が法を破っても処分が軽いのは自分達で首を絞めていることに気づいてないのかね!?)なので、会社の規則よりも社会(国)の法の方が強い。法律で禁止されていない限り会社の規則は行動を自粛するのと同じく、相手に頼るしかないこと。

 

 では、いままでそれが出来なかったのはなぜでしょう。

 戦後多くの仕事は個人商店や自営業でした。しかし都市の復興に際して大きな資本と大量の職人、その他の営業職が必要になっていった。それにより人材の取り合いになり、そんな人材を取り込むために優遇政策を取る会社が出てくる。

 医療費や年金、その他の社会福祉の肩代わりなど個人で仕事をするよりも良い条件などを示してきた。それは当たり前の権利ではなく、時の経営者と働くひと達が勝ち取ってきたモノ。

 

 その代わりに副業をする必要のない稼ぎを与え、それに答えるだけの努力を返してきた。

f:id:E-SHAO:20191022231631p:plain

続きを読む

ひとに無駄なモノは無い

自分を知るために好奇心を使う

 

 昔は盲腸なんて何の役にもたってないと思われていました。それが近年、盲腸には有用な腸内細菌が住み着いていて、それが腸内の状況に関係しているということが分ってきた。

 盲腸を取り除くと昔は根気が無くなるとか言われていました。現実にそうなるのかは人それぞれ違うでしょうが、人間にとって腸は第二の脳と云われる機関です。

 実際にはひとが卵子精子の受精後分裂を始めると、最初にできるくぼみが出来てきます。そのくぼみは口ではなく排泄のための穴になる。そしてそこから腸が出来ていく。

 

 生物としては大きな脳が無くても生きていける。しかし腸がないと栄養の吸収が出来ないため必須の機関になります。そんな腸はひとの精神にも影響を与える可能性があります。学校に行きたくなかったり、嫌な状況になるとお腹が痛くなったりします。それは脳と腸が直接繋がっている神経があるから。そのため鬱に対して腸内に対するアプローチから病に対処する動きもあるそうです。

 

 お腹に注目しただけでもあまり知られていないことがある。

 自分が知らないだけでもしかしたらあなたは貴重な存在かも知れませんよ。

f:id:E-SHAO:20190903155245p:plain

続きを読む

やり方次第で大きく振れる

どこで勝負するか?

 

 野球やサッカーなどを見ていると勝負所があると思いませんか?

 サッカーは展開が速いため慣れていないと、観ることに忙しくて細かく考えて観ることが難しいですね。それに比べて野球は間があるため比較的考えて観ることができる。しかも基本的にはピッチャーとバッターの読み合いなので、その心理戦、技術戦は少し慣れると自分でも考えながら観ることができる。

 

 このようにスポーツであればひとは考えることを楽しむことができる。その結果が自分の予想(想像)と合っていれば、「ほら!やっぱり!!」と興奮して、違っていてもダメだしするか、「そう来たか!」と楽しむことができる。

 

 わたしが行っている武道でも同じです。

 基本的には型稽古をしますが、その後の後稽古ではそれぞれ試行錯誤しながら違う場面や手法を言葉にする。すると更に違う視点からモノをみることができるようになる。

 

 人生に置いては勝負所はどこにあるかは誰も分りません。それを知るのは事が済み時代を経て振り返ったときに気づくもの。どんな大企業も倒産の危機や変化する時期がやって来ます。アメリカのGEなどは元々は家電メーカーでしたが、日本の躍進によってその座を奪われた。その後は医療系の製品を製造販売したり保険を扱ったりしている。

 

 日本では同じ仕事(業種)をやり抜くことが良いように思われますが、別に業態が変わることが悪い事ではありません。それは思い込みやロマンのようなもの。生きる上ではそれが足かせになることもある。

f:id:E-SHAO:20191022220922p:plain

続きを読む

頭が固いからいまがある

融通が利かないひとが損をする

 

 新型コロナが流行ったかと思ったら、豪雨により河の決壊や氾濫により家屋が浸水により大変なことになってます。しかもここ数年は毎年どこかで同じようなことが起こっている。

 毎年のように災害が起こることでどれだけ経済的な損失を出しているのでしょうか?それを考えると、少しずつでも災害が起こる可能性がある場所に対する行動をしていれば、経済を回すことが出来るように思えます。

 

 しかしひとは「起こらないこと」「起こらない可能性があること」にお金を使うことは少ない。それが組織として大きいところとなると多くのひとが大丈夫と思ってしまう。

 

 新型コロナのような騒動の場合はなかなか回避することが難しいと思います。しかしながら地震や水害などの場合は住む場所を変えることで、被害を被る可能性を減らすことは出来る。

 もしも仕事に支障がなければ、住む場所を変えることができるでしょうか?

 

 それを決めるのは何に重きを置いて生きているかによって変わってくるのでしょうね。

f:id:E-SHAO:20191111222924p:plain

続きを読む

無駄に悩むひとへ

答えの出ないことは放っておく

 

 ひとが悩むのは、悩む事ができるの脳と暇な時間があるから!

 戦後、多くの家では二世帯、三世帯で生活をしていました。その職業も多種多様で、サラリーマンの割合も高く無かった。だから共働きといっても、当時と現在ではその働き方、時間の使い方は違う。

 そんな中で子どもを何人も育てていたのだから、子どもと関わる時間はとても少なかったことでしょう。そして子どもも親の仕事姿を見ることで、働くということを見て知ることになる。

 

 当時の親達は子どもに十分時間を使うことは出来なかった。だからといってその多くのひと(当時の子ども)が犯罪に走った訳ではありませんね。そして子どもに関わることで高学歴になると考えられている。

 

 しかしそれは幻想。

 

 親との関わり合いは人間関係として良いものであればいい。精神的に楽な状態になれることが子どもがリスクを取る行動に繋がる。こころに余裕が無かった飛び出す勇気を出ませんね。

 

 そして、自分のちからで解決できない(現在)ことに考えるちからを振り向けないことで、いまの自分に何が出来るか?は想像して行動するエレルギーを振り向けることができる。

 

 いま悩んでいることは自力で解決できることでしょうか?

f:id:E-SHAO:20190903192300p:plain

続きを読む