人(子ども、社員)を育てる思考力

テストで0点を取った自分でも、1,300冊の本から考える力が貰えた

ストレスは切っ掛け!

ストレスも使いよう

 

 普段のお出かけも遠出もできなくて

 子どもも大人もストレスを抱えている

 ことでしょう。

 わたしも合気道の稽古ができなくて

 ストレスを感じています。

 

 昨日までの当たり前が

 阻害された状態が続くと、

 いままでが

 どれほど恵まれていたかを感じますね。

 

 それでも

 環境に合わせて変化してきたのが

 わたしたちの先祖。

 

 飢饉が続いていた時期を乗り越え

 戦争の中をくぐり抜けてきた。

 わたし達が知っているのは

 いまの辛さですが、

 それが戦争中の辛さと

 どれぐらい重なるのか?

 

 ただ耐えるのではなくて

 想像して考えてみないと

 その経験はもったいない!

f:id:E-SHAO:20190923075106p:plain

続きを読む

知ってしまうことが怖いひとは見ないで!

違う展望台から見ると景色が変わる

 

 新型コロナウィルスに対する

 警戒宣言が一段落しましたね。

 もちろん

 感染症の歴史から見れば

 流行は何度も起こりながら

 やがて収束していく。

 

 なので

 これで全て終わり。

 という訳ではなくて

 第一段階が終わった、

 ということになるでしょう。

 

 そんな世の中の流れの中で

 いろいろなことがありましたね。

 

 新型コロナウィルスの検査方法の

 PCR検査についての話。

 

 世界一の投資家のウォーレン・バフェットさんが

 5兆円あまりの損失。

 

 日本の検察総長や検察長の定年延長の話。

 

 そして特別定額給付金10万円を

 マイナンバーカードを使って電子申請すると

 場合によっては郵送の申請より遅くなる残念さ・・・。

 

 ひとつの出来事で

 ひとつのネタとして扱っても問題ない話ばかり。

 

 細かい話は次回にして、

 総合して見てみると

 多くのひとが同じような問題に

 ぶつかっているように思えますね!

f:id:E-SHAO:20190917173619p:plain

続きを読む

自分は大丈夫だと思ってしまう?

だから生きていける

 

 老人は気を付ける方が良く、

 若い人は大丈夫!

 という噂が新型コロナウィルスでは囁かれていました。

 

 しかし、

 若い人でも感染するし

 その中で一部は重傷化する。

 

 若い人でも糖尿病になる。

 若い人でもガンを発症する。

 若い人でも難病にかかる・・・。

 

 年齢と共に

 病にかかりやすいのは周知の事実!

 そして

 若い人より死亡率が高いのも同様。

 

 心情的には自分の親や

 世話になったひとには

 出来るだけ長く生きて欲しい。

 そう思うのは珍しくない感情。

 

 しかし、

 それが永遠に続くのは生物としては無駄なように感じます。

 

 ウイルスが変異して生き残るように

 生物は変わりながら

 生まれ変わってこそ意味がある。

 この世で老いない(朽ちない)モノは存在しない。

 だから長く存在したモノからこの世を去る。

 それが真理。

 

 でも、それが通じないことがある!

f:id:E-SHAO:20190909094811p:plain

続きを読む

あなたも世界の一部?

あなただけ!では成り立たない

 

 スポーツの世界では

 時に、天才が現れる。

 特にサッカーなどでは

 世界中にその活躍が伝えられ

 より注目される。

 

 もちろん

 野球でも同じですが、

 プレー人口の違うがあるので

 その注目度の違いは致し方ない。

 

 とにかく

 そんな選手がでれば

 その選手中心に組織が作られ

 より活躍すれば

 チームの価値も上がることになる。

 

 しかし、

 そんな選手が

 たくさんいる訳ではない。

 だからこそ

 その選手に対して天才という

 称号が使われる。

 

 そしてそれは

 伝えられて引き継がれるものではない。

 その選手ち同じ能力、

 同じメンタル、

 同じフィジカルを再現できない。

 それができれば

 個々の選手がより優れた選手になることでしょう。

 

 それを実現できるのが

 科学的なアプローチとなる。

 科学とはいかに汎用性のあるか?

f:id:E-SHAO:20190925175752p:plain

続きを読む

生き残る側に乗り移るには

ひとは生き残る!

 

 5月の連休を明けて

 一部の地域では現在の厳戒態勢が緩むようですね。

 さすがに日本だけで無く、

 各国も現在の状況を維持することが

 難しくなってきたようです。

 

 中国以上に患者を出した

 アメリカでも段階的に制限を解く目標を設定して、

 それを目指して進むようです。

 

 さすがに誰もテレビではいいませんが、

 コロナで死ぬか?

 経済的な困窮で死ぬか?

 そんなことを考えている人も

 出て来ているのではないでしょうか?

 

 過去を振り返れば

 伝染病で亡くなる経験を

 人類は何度も経験しています。

 

 だから現在のひとの中(遺伝子)

 にはウイルスの痕跡が残っている。

 

 感染力が高く致死率が高い病は

 感染して短い時間で発症してしまうため

 広がりにくい!

 逆に

 感染力が低くて致死率も低い病は

 感染して発症するまで時間がかかるため

 爆発的に広がる。

 

 ウイルスも生物であるので

 広く薄く生存していくのが目的。

 致死率が高ければ

 それに当たらないので、

 ひとの世では難しい。

 

 疫学では症状が緩やかになる

 とも考えられている。

 初めての病では

 その結果を誰も知らないのだから、

 わたし達は出来ることを行い

 あとは神に祈りますか!

f:id:E-SHAO:20191021221641p:plain

続きを読む

出来る事に挑戦する

抗うことが出来ないことは考えない

 

 個人の力では抗えないことがあります。

 もちろん

 それが出来る個人も少なからずいるかも知れません。

 

 しかし、

 そんなひとは

 抗うのではなく、

 いかに回避するか?

  を考える。

 

 わたしが生まれるぐらいのころ、

 1960年代~70年代にかけて

 日本の人口が1億人を超えました。

 

 また世界の人口も

 順調に増えていきました。

 その時は

 これまでのように人口が増えていけば

 国内だけで食料品を賄うのが難しくなる

 といって、

 食糧難がやって来る!

 なんていわれていました。

 

 そして

 その対策として農地の確保や

 佐賀県有明海の一部を埋め立てて

 農地にする計画が進められた。

 

 そして現在。

 多くの食料が廃棄され、

 有明海は潮の流れが変わり、

 その生態系と漁業資源は失われた。

 

 わたしたちは

 予想することはとんでもなく下手くそです!

 

 だから何度も間違えてきた。

 

 そして

 大きな流れを変えることに

 成功した例しがない!

 

 近年でいえば

 二酸化炭素の排出量を抑えるために

 その制御をしくじれば

 ひとが住めなくなる力を持つ

 原子力発電を使い続けている。

 

 しかも

 今更後に引けない状況でもある!

f:id:E-SHAO:20191022220922p:plain

続きを読む

時代の変化は年長者の行動からわかる

ひとは単純!

 

 身も蓋もない話ですが、

 わたしを含めてひとは単純な生き物です。

 しかし、

 単純だからこそ

 大変な時期を含めて生き残れてきたともいえます。

 

 ひとは

 単純に繰り返し言われたことや

 時間を共有したひと、

 繰り返しが多いことほど

 好意を持ったり、

 それが真実だと思ってしまう。

 

 わたし達は

 全ての情報に触れることは

 時間的にも無理があるので

 自己判断は自身が接触することができる

 範囲でしか判断出来ない。

 そして

 入ってきた情報を信じないことは

 簡単ではない!

 

 太古の時代まで遡れば

 ひとが自身の仲間から受け取る情報は

 食べ物の情報、

 敵の情報(場所や接近しているなど)

 力関係の情報など、

 そこにウソが紛れることは

 それを伝える側にも大きなリスクが伴う。

 

 だから

 いま以上に有益ではない情報を伝えることは

 意味を成さなかったと思います。

 

 振り返って

 現在は多くのフェイクや眉唾ものまで、

 信じてしまいそうな怪しいものがたくさんあります。

 自分を守る為にも

 精査する知識と技術を

 身に付けておかなければ成りませんね。

f:id:E-SHAO:20190917182703p:plain

続きを読む